グーグルが取引を一部停止したことについて、中国の通信機器大手「ファーウェイ」は声明で「既存の製品にはサービスを提供し続ける」と強調しました。

 ロイター通信によりますと、アメリカのIT大手「グーグル」はファーウェイとの取引を一部停止したということです。トランプ政権がファーウェイを念頭に事実上の禁輸措置を取ったことに応じたものとみられます。これによって今後、発売されるファーウェイの新製品にグーグルが開発する基本ソフト「アンドロイド」の更新版が使えなくなりますが、ファーウェイは「既存のスマートフォンやタブレット製品のすべてにセキュリティーアップデートとアフターサービスを提供し続ける」と発表しました。また、中国語の声明では「商品とサービスは、中国市場で影響を受けない」と消費者に安心して購入するよう呼び掛けました。