By nblxer

「畜産・養殖」は人類の食料を賄うためには必須の産業ですが、ニューヨーク大学の環境学科に属する助教授たちが「タコの養殖はやめるべきだ」と主張しています。

The Case Against Octopus Farming | Issues in Science and Technology

https://issues.org/the-case-against-octopus-farming/

Scientists Are Warning That We Absolutely Must Not Farm Octopuses

https://www.sciencealert.com/scientists-are-warning-that-we-absolutely-must-not-farm-octopuses

「食べるために動物を育てよう」という人類の試みは羊から始まりました。羊の畜産は少なくとも9000年前には行われており、羊は食用に人間に飼い慣らされた初めての動物だといえます。人間はヤギ、ウシ、ブタ、ニワトリを飼育し、ついには水生動物の養殖も行うようになり、現在ではカキ、エビ、ニジマス、クロマグロなど、約550種類の水生動物を養殖しています。

ニューヨーク大学で環境学科の助教授を務めるジェニファー・ジャケーさんたちは、「タコ養殖に対する問題」と題し、水生動物の養殖、とりわけタコの養殖を批判しています。論文によると、養殖漁業の問題点の1つは「環境に影響を与えること」だそうです。具体的には、養殖魚の排せつ物から放出される窒素やリンによる水質汚染、肥料・殺藻剤・消毒剤による水質汚染、養殖場から逃げ出した養殖魚が野生種と交配することで起こる可能性のある伝染病の拡大、養殖上のためのスペース確保のために自然の海を減らす必要があることなどが、養殖漁業の問題点として挙げられています。

By cookelma

また、もう1つの大きな問題は、「養殖魚はほとんど肉食」ということです。畜産されている陸上動物はほとんどが草食動物ですが、サーモン、マス、エビなど、養殖魚はほとんどが他の魚を食べる肉食魚です。世界の漁獲量の3分の1は他の生物のエサになりますが、その半分は養殖漁業に使われます。魚を養殖することは、養殖魚のエサとして使用される魚粉の原材料となるイワシ・スケトウダラ・サンマ・ニシンなどの乱獲につながっています。加えて、タコは大食らいで同体重の他の動物に比べ3倍ものエサが必要であることから、タコを養殖することは他の水産資源に多くの影響を与えることとなるため、止めるべきであるとジャケーさんたちは主張しているわけです。

By joebelanger

動物福祉の観点から、タコ養殖に対する批判もあります。神経解剖学者や神経薬理学者、脳神経科学者の国際的グループが集い、ヒトおよびヒトでない動物における意識的経験および関連する行動を再評価したという「意識に関するケンブリッジ宣言」では、タコは意識的な経験が可能な唯一の無脊椎動物として挙げられています。タコに関する実験によると、タコはひねって開ける保存容器の開け方を5カ月も記憶することが可能であることや、人間を個別認識できることなどがわかっているそうです。

タコは水族館などの一定の空間に閉じ込められた状態が続くと、自分の足を食べることなどが知られています。これは、「タコが広い海の中を探索する」といった、高レベルの認知刺激を求めている証拠である可能性が示唆されています。そのため、養殖環境ではタコに高レベルの認知刺激を与えられず、動物福祉に関する倫理的な問題があることが指摘されています。

一方、食品としてのタコの需要は世界的に伸びており、2018年では供給不足のためタコの価格は高騰したそうです。この需要の高まりを受け、「タコの養殖」プロジェクトは世界中で進行しています。

By Alex Knight

ジャケーさんら研究グループは、「福祉的、環境的な問題に目を向けることで、タコの養殖が取り止めになることが我々の願いです。政府や民間企業、そして学術団体は、タコの養殖ではなく持続可能で思いやりのある食料生産に目を向けるべきです」として、タコの養殖以外の食料生産方法に目を向けるべきとしています。