週末 関東で雪の可能性 世界の機関による予想シナリオは

2019/01/10 22:48 ウェザーニュース

今週末の1月12日(土)から13日(日)にかけて、本州の南岸を低気圧が東へと通過する予想です。この影響で、関東など太平洋側の地域で雪が降る可能性があります。今日1月10(木)時点での最新の気象予測では、東京都心では雪が降る可能性はあるものの、積雪のおそれは無いものとみられます。

今回の予報の背景

今回のポイントになるのは、関東の南海上で発生する小さな低気圧が、 (1)どのくらい寒気を引き込むか? (2)どのくらい降水をもたらすか?の2点で、影響が大きく左右されます。これらについて、気象庁、アメリカ、ヨーロッパの気象予測シミュレーションモデルを比較してみます。

(1)寒気の南下予測の比較

3つの予測モデルとも、上空約1500mで氷点下3℃以下の寒気が東京よりも南まで南下する予想となっています。この場合、地表付近の気温は5℃程度以下となることが多く、関東平野でも降水があれば雪やみぞれとなる可能性があると言えます。降るものが雪かみぞれか雨かは、気温や湿度によって変わります。

(2)降水域の北限の予測

気象庁とヨーロッパの予測モデルでは、東京でも降水がある予想となっている一方で、アメリカの予測モデルでは降水が無い予想となっています。まとめると、3つの予測モデルのうち、2つが東京で雪やみぞれが降る可能性を示唆しており、1つは雪や雨は降らない予想となっています。

ウェザーニュースの予報は

これら3つの予測モデルを含む多くの気象予測モデルを解析した結果、東京都心では一時的に雪やみぞれが降る可能性があるが、積もることはないとみています。ただ、箱根や奥多摩、山梨県内など標高の高い地域では雪が降って、うっすらと積もるところがありそうです。週末に郊外へお出かけを予定されている方は、引き続き最新の天気予報に注意するようにしてください。