10月18日、かつて勤務していた山梨、山形両県での女性3人に対する強姦致傷などの罪に問われた元NHK記者の弦本康孝被告(30)が、懲役21年とした一審判決を支持した仙台高裁判決を不服として、最高裁に上告した。

【写真】NHK記者時代の弦本被告

弁護士も本気でそんな話を信じているのか?

 弦本被告は一貫して「私は犯人ではない。私に恨みを持つ人物が遺留物として私のDNA型を現場に残した可能性がある」として、無罪を主張している。

 要は赤の他人が弦本被告の精液を何らかの方法で入手し、それを被害女性の陰部に塗り付けたということだが、そんなことが可能なのだろうか。


©iStock.com

 現役医師が呆れたような口調で話す。

「あり得ません。当たり前じゃないですか。よほど高度な技術を使ったら可能かもしれませんが、それには医療機関の協力がないと無理でしょう。そういう医療機関の仲間がいて、結託してやったとしたら、国家レベルの暗黒医療機関が存在しているということですよ。私はそんな医療機関の話を聞いたことがありません。弁護士も本気でそんな話を信じているのか?」

春になってから刑務所に入ろうと企む人間も

 これに対する現役弁護士の見解はこうだ。

「弁護人は『それは通らない』と説明するのが普通ですが、被告人の言いなりに弁護する御用聞きのような弁護士もいます。おそらく被告人の言いなりにならないと懲戒請求されてしまう恐れがあるので、しぶしぶ言いなりになっている弁護士が大半ではないでしょうか。国選はよほどのことがない限り、辞任できませんので、ある程度説得してもダメな場合、被告人の言いなりにならざるを得ない面があります。私選の場合、『弁護士として、そういうことはできない』と言って辞任できますので、その弁護人が私選なのであれば、ダメな弁護士ということになります」

 弁護士も、頭から被告人の言うことを信じて弁護しているわけではないのだ。

 となると、弦本被告は何を考えてここまで悪あがきをしているのか。

「控訴や上告の場合、未決勾留日数は大して延びません。でも、秋に判決が確定すれば、冬の寒い時期を刑務所の中で過ごすことになるので、それを避けるために上告して時間を稼ぎ、春になってから刑務所に入ろうと企む人間が現実にいるのです」(捜査関係者)

「これは陰謀だ」と主張

 実は筆者はこれとそっくりな事件を過去に取材したことがある。2015年2月3日、千葉県鎌ケ谷市のパチンコ店駐車場で、遊技中の彼氏を待っていた女性(29)が車ごとさらわれ、同県船橋市内の空き地でレイプされたという事件だ。その後、犯人として逮捕された男(36)は、「これは陰謀だ。私に恨みを持つ人物が、私の精液を犯行現場にバラまいたからだ。私にはまったく身に覚えがない」と主張したのだ。

 その男が語る経緯はこうだ。

 事件の半年前、繁華街で中国人の男に「いい仕事がある」と声をかけられた。一緒に雑居ビルのスナックに入ったところ、出された酒を飲まされた途端、前後不覚に陥った。次に気付いた時は全裸でベッドにくくりつけられていた。

「あなた、○○さんだね。トボけたってムダだ。あなたのことは全部知ってるよ。あなた、覚醒剤で捕まったとき、私たちの仲間のことをペラペラしゃべったね。それで私たち、大変迷惑しているんだよ」

 その男は中国製の鋭利な刃物のような武器を突きつけ、「私たちの仲間になるか、今ここで死ぬか、どっちか選べ」と迫ってきた。

「なる、なるなるっ!」

奇妙な指示を受けるようになった

 すると、チャイナ服を着た女が出てきて、陰部に媚薬のようなものを塗られ、何度も手淫で射精させられた。

「あなたが裏切ったらあらゆる犯罪現場にこの精子がバラまかれることになるから。今や日本の犯罪捜査でDNA鑑定の信用性は絶対だ。あなたみたいに前科がある人間の言うことを警察は信用しないから」

 それ以来、自宅の郵便ポストに紙片が投げ込まれるようになり、奇妙な指示を受けるようになった。

「あるときは送られてきた郵便物を指定のあった場所に運び、またあるときは車の中で女を見張るだけのこともあった。またあるときはATMで金を引き出したり、夜逃げの手伝いをさせられたこともあった。報酬は1回2万円。自分が何をさせられているのかすら分からなかったが、ヤバイことに片足を突っ込んでいることだけは分かった」

 その後、男のマンションに詐欺の被害者だという人物が訪ねてきたり、人相の悪い男たちが玄関ドアを叩き壊そうとする出来事があったので恐ろしくなり、交際相手の女性ができたことから、その女性のアパートに逃げ込んだ。ところがその途端、鎌ケ谷市の事件が起きた。男は「自分はやっていない。その場所に行ったこともない」と訴えた。

被害者は「この男が犯人に間違いありません」と断定

「きっと犯人は私の精液を陰茎や指に塗って、被害者の膣に押し付けたのでしょう。私は犯人ではありません。真犯人は別にいます。私の精液だけが犯行に使われたのです」

 確かに不思議なこともあった。車内から採取された指掌紋は男と一致するものがなかった。車内や空き地の地面から採取した計7個の足跡も、男の家を捜索したときに合致する靴は見つからなかった。直接の証拠は被害者の膣内から男のDNA型と一致する精液が見つかったという一点だけ。犯人が浮上したのも、「ある男から犯行を告白された」というタレコミ電話が警察署にかかってきたのがきっかけだった。

 だが、被害者の女性は逮捕後の面通しで、男の顔を見るなり、「この男が犯人に間違いありません」と断定した。車内に指掌紋がなかったのも、男が清涼飲料水を含ませたタオルで拭いていたことが判明。靴は処分したのかもしれないし、男には事件当日のアリバイがなかった。

 2016年3月7日、千葉地裁松戸支部は「犯人は被告人である」と断定し、懲役7年を言い渡した。

「被害者が一貫して主張する犯人の特徴と被告人の特徴は一致しており、本件以外に被害者の膣付近に被告人の精液が付着する機会はない。犯人は片手で携帯電話を持ち、もう一方の手で足を持ち上げ、陰茎を膣付近に押し付けたと考えられるが、その際に他人の精液を陰茎の先端に塗るなど極めて不自然で不合理。被告人の主張は信用できない」(衣笠和彦裁判長)

不妊治療に携わる医師の見解は……

 男はこの判決を黙って聞いていた。さぞや不満だろうと思いきや、男は控訴することなく服役した。壮大な作り話だったのだろうか。

 ちなみに不妊治療に携わる医師の見解は少しだけ違うのだ。

「よほど計画的に準備すれば、可能だと思います。採取してから試験管等に入れて、常温または冷蔵してあれば、1日以内なら精子は死んでいても検出は可能でしょう。しかし、レイプ現場のように女性が動き回るような状況では無理でしょう。人工授精の場合は、子宮の中に精子を注入するので、医療器具を要しますし、診察台か手術台で医師が行わなければ不可能です」

 果たして、弦本被告は最高裁で逆転無罪を勝ち取れるのだろうか。

(諸岡 宏樹)

「国内の事件・事故」をもっと詳しく