「金魚電話ボックス」訴訟の初弁論 商店街側は争う姿勢

ざっくり言うと

  • 奈良・大和郡山市の商店街に設置されていた金魚電話ボックスを巡る訴訟
  • 第1回口頭弁論で商店街は、作品との酷似を主張した芸術家に請求棄却を要求
  • 表現は多数実例がある、原告の作品は著作物には該当しない、と争う姿勢だ
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。