映画『スマホを落としただけなのに』主演の北川景子が、11月2日、初日舞台挨拶に登壇。千葉雄大から、「北川さんはスマホを落とさないけど、僕のハートはしっかり落としてくれました」と言われ、笑顔をみせていた。

 映画は、スマホを落とした結果、殺人事件にまで巻き込まれるというミステリー。そんな北川が、10月31日放送の『アカデミーナイトG』(TBS系)で、スマホに対する意識を語っている。

 スケジュールをスマホにメモする人も多い時代だが、北川は「手書きです。書いてます」と今でも手帳派。

 スマホにはなるべく情報を入れないようにして「データ、全部吸い上げられますよ。私はデータは吸い上げられるものだと思っているし、データは突然消えるものだと思っている」と持論を展開。

 危機管理意識は高く、「手帳にも実名は書かない」と徹底。「(夫の)『DAIGO』って書かない。『夫』って書きます。自分の名前も書かない」と明かした。

 北川は11月1日の『VS嵐』(フジテレビ系)では、「スマホに登録している意外な人物」としてTRFのDJ KOOの名前をあげた。

「誕生日には動画で、あのテンションで『景子ちゃん、誕生日おめでとう!』ってメッセージをくれて、テンションが上ります」

 スマホを落とすと、自分が困るだけでなく、電話番号などを登録してる知人にも迷惑をかけてしまうもの。北川ぐらいの高い危機意識も必要かもしれない。

「北川景子」をもっと詳しく