マクセルは10月11日、美容家電の新ブランド「llexam」を発表しました。llexam第1弾の製品ラインナップは、ドライヤー2モデルと美顔器1モデル。残念ながら家電量販店での取り扱いはなく、美容サロンルートから販売するそうです。欲しい場合は、美容サロンから注文する形となります。

○熱源は「光」

今回発表された製品のなかで最も面白いと感じたのが「光ドライヤー」(MXHD-3000)。本体に独自のランプユニットを搭載し、光のエネルギーで髪を乾かします。

通常のドライヤーは、内部のヒーターで温めた空気を放出します。ですがヒーターで温めた空気は、髪の毛に届く前に周りの空気によって熱を奪われてしまい、温度にムラができてしまいます。髪の毛をドライヤーしたとき、極端に熱い部分があったり、ぬるい部分があったりするのはそのためです。

光ドライヤーは、直進する光の性質を利用し、髪の毛に熱を均一に伝えられるため、髪の毛を乾かすときのダメージを抑えられます。温度は50度前後とやや低温で、髪の毛にしっかり水分を閉じ込めながら乾かせます。

本体サイズはW23.5×H22.3×D9.0cm、重さは約835g。ランプユニットの搭載で、大きく、重くなっているのが玉に瑕ですね。もう少し軽量になったらもっと使いやすいかな、と思います。

消費電力は600W。マクセルによると、通常のドライヤーの消費電力は1,200Wとのことなので、通常の半分ということになります。髪の毛がツヤツヤになって、節電もできるなんて、ダブルでうれしくなりますね。価格はオープンで、推定市場価格は45,000円前後(税別)です。

「日立マクセル」をもっと詳しく