ランジェリーブランド『Chut!INTIMATES』は、20〜40代女性を対象に下着の購入方法や不要になった際の処分方法など、イマドキのランジェリー事情を調査した。


ランジェリーの購入について聞いてみると、69.7%の人が「店舗購入」と回答し一番多い購入方法は店頭購入であることが判明。「EC購入」と回答した20.6%よりも3倍以上高い結果となった。なお「店舗で購入」の内訳を見てみると、「店舗に行って試着せずに購入」が42.9%、「店舗に行って試着後に購入」が26.8%となっており、店舗に出向いても試着はしない女性が多いようだ。


不要になったランジェリーの処分についての質問には「大変困っている」と回答したのが24.6%、「困っている」は42.4%となり、合わせて67.0%が「困っている」と回答。処分方法として最も多かった回答は「中身の下着が見えないように厳重に隠して一般ゴミとして処分」が59.1%と過半数、次いで「一般ゴミとして普通に処分」が50.6%となった。


さらに、処分の仕方としては「細かく裁断して生ごみに混ぜて廃棄する」、「海外旅行に行った際に現地で捨ててくる」などの回答があり、ランジェリーの処分に気を使っている女性が多いことが伺える。なお、廃棄ができずに「捨てられずに、タンスの中に入れたままになっている」と回答した人も9.4%と、捨てられずに保管したままの女性が1割近くいる意外な実情も明らかとなった。


今回調査を行なった『Chut!INTIMATES』の各店舗では、ブラジャー回収キャンペーン「GO RECYCLE GET HAPPY」を10月31日(水)まで実施。ワイヤーがでてきて痛い、アンダーが緩くなった、レースがほつれた、色褪せてきたなど、様々な理由でもう使用しないブラジャーや捨てられずにタンスにしまっているブラジャーをブランド・メーカーに関係なく回収する。

店頭では中身が透けにくいブラックの専用袋を配布中だ。不要のブラジャーを入れて持ち込めば、商品購入時に購入金額から500円割引を実施する。

『『Chut!INTIMATES』ブラジャー回収キャンペーン「GO RECYCLE GET HAPPY」特設サイト』
( https://www.chut-intimates.com/fs/chut/c/bracollect )

「下着」をもっと詳しく