路上で通行人に暴行し現金を奪ったとして、大阪府警東署は9日、強盗致傷容疑などで、大阪市内の18〜19歳の少年3人を逮捕したと発表した。

 いずれも大筋で容疑を認め、「タバコ代や食事代に充てた」などと供述している。

 逮捕容疑は共謀し、4月22日午前2時ごろ、大阪市中央区北浜の路上で、私立高校2年の男子生徒(16)の顔を殴るなどして現金千円などを奪ったほか、福島区福島の路上で飲食店店長の男性(29)の胸を足蹴りするなどし、現金15万円などを奪ったとしている。

 同署によると、2人はいずれも軽傷。防犯カメラ映像から3人の関与が浮上したという。

「国内の事件・事故」をもっと詳しく