サッカー界のスーパースター、デイビッド・ベッカム氏の長男であるブルックリン・ベッカムがアジア人を揶揄する人種差別的な『インスタグラム』の投稿で大炎上している。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

『イブニング・スタンダード』が伝えるところによれば、先日からイタリア旅行に出かけていたブルックリンは自身の『インスタグラム(@brooklynbeckham)』に中国人観光客とおぼしき一団が水上ゴンドラに乗っている姿と、同地のスーパーマーケット内にいる1人のアジア人女性を写した2つの画像と共に、「イタリアのような場所に相応しくない」というコメントを投稿した。

この投稿に関してはスーパーマーケット内にいた女性に対して無断で写真を撮り、SNS上に投稿したこと。アジア人への明確な人種差別という見方から『ウェイボー』の中国人ユーザーだけでなく、母国イギリスやヨーロッパの人たちからも多くの非難のコメントが殺到。この事態を受けてブルックリンは現在、自身の『インスタグラム(@brooklynbeckham)』アカウントを非公開に設定している。

なお、ブルックリンの代理人はすでに今回の炎上騒動を受けて、公式な謝罪を行う準備を進めているようだ。

◆公式謝罪は不可避…

https://twitter.com/DerangedRadio/status/1048214551877976069

「ブルックリン・ベッカム」をもっと詳しく