今田耕司が9月15日放送の『弁護士と一緒です』(テレビ朝日系)で、福山雅治の高校時代の秘話を明かした。

「福山君は高校時代、長崎でカッコよくて。(別)番組の元スタッフが、当時、暴走族で、友達5人ぐらいで文化祭につぶしに行ったんです。でも、体育館で福山君が演奏しているところに入っていったら、生の福山君を見て『かっこいいな!』って」

【関連記事:今田耕司 デート報道で元カノから「やったね」と応援される】

 暴走族も、ひと目見て認めるほどの存在だった福山。後に、そんな福山主演の月9ドラマ『いつかまた逢える』(フジテレビ系、1995年)で、今田は3番手というメインキャストで共演。同じマンションに住んでいた時期もあり、以降、親交が続いた。

 今田は、2015年11月4日開催のイベント『You Know OSAKA?』で、3日前に偶然、新幹線で福山に会ったことを報告。

「わざわざ隣に席を移してくれて『大丈夫なのか、結婚はどうするのか』と1時間40分ずっと僕の心配をしてくれました」

 当時、福山は女優・吹石一恵と結婚したばかりで、今田は「のろけこそなかったですが、それはそれは幸せそうでしたよ」とコメント。自分の結婚については「『大丈夫じゃない』と伝えました」と苦笑いしていた。

 9月1日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で、今田は5月に深夜デート現場を報じられた美女から再び連絡があったことを報告していた。

 今田も、ようやく生涯の伴侶を見つけることができるのか?

「福山雅治」をもっと詳しく