Appleが発表した新iPhone、iPhone XS、XS Max、XR。従前の噂通り、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応することが明らかになりました。

関連記事:
アップル最新情報まとめ 「iPhone XS / XS Max / XR」「Apple Watch Series 4」「iOS 12」など盛りだくさん


デュアルSIMとは言っても、eSIMとnano SIMの組み合わせ。物理SIMが2枚挿せるわけではありません。ただし、中国で販売されるモデルのみeSIMではなくnano SIM x 2枚の構成となります。

デュアルスタンバイとは、2つのSIMカードを使い、同時に待ち受けができる機能。片方に通話専用のSIMを挿し、もう片方にデータ通信専用のSIMを挿して使えるほか、プライベートと仕事用など2つの電話番号を使い分けることも可能です。

Apple端末でのデュアルSIMでは、これまでもiPad、iPad Proがnano SIMと内蔵Apple SIMのデュアルSIMに対応していました。ただ、これまでのApple SIMで利用できるのはデータ通信のみで、音声通話には非対応。しかし、iPhone XS / XS Max / XRで利用するeSIMでは、音声通話にも対応します。

Appleのヘルプを見ると、下記の組み合わせで利用できるようです。

プライマリをデフォルト回線として使用:プライマリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeをデフォルトに。セカンダリは音声とSMSのみ。セカンダリをデフォルト回線として使用:セカンダリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeをデフォルトに。プライマリは音声とSMSのみ。データ通信のみにセカンダリを使用:プライマリで音声、SMS、データ通信、iMessage、FaceTimeを使用。セカンダリはデータ通信のみ。

なお、今回発表されたeSIM対応、Apple SIM対応とは言われていないのが気になるところ。実際、eSIMをサポートする通信キャリアとして、Apple SIMとは別にサイトが用意されています。

データ通信のみであれば、既存のApple SIM対応キャリアのプランが利用できるのではないかと思いますが「eSIMはソフトウェアアップデートで年内に利用可能になります」との記述もあり、利用に際しては注意する必要がありそうです。

関連記事:
iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上
iPhone XR発表。8万4800円/749ドルからと手頃な6.1インチ液晶モデル