タレントのつるの剛士(43歳)が6月12日、自身のInstagramで、野久保直樹(37歳)、上地雄輔(39歳)との“羞恥心2018”ショットを披露。ファンを喜ばせている。

“羞恥心”は2000年代後半にバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)で活躍し、絶大な人気を誇ったつるの・野久保・上地によるユニット。2011年11月に解散したが、2015年10月に久々に3人がそろう形で再会、その後はそれぞれのSNSなどで、交流が続いていることを明かしている。

この日は「ヘキサゴン」スタッフたちとの飲み会だったようで、タレントではつるの、野久保、上地、品川庄司の品川祐が参加。

つるのは3ショットに「#羞恥心 #10周年 #久しぶりに再会 #つるの剛士 #野久保直樹 #上地雄輔 #皆んなから弄られる #安心感 #一応リーダー #老けた #若い子知らない #ウチの子供も知らない」とタグを添え、野久保もInstagramで「あれから10年…相変わらずです」と報告している。

これにファンからは「胸アツ!!!」「羞恥心の3ショット嬉しいです」「このスリーショット大好き!」「もう10年も経つんですね〜」「やばい涙でる」「また、3人で歌ってほしい!」などの声が上がっている。

「羞恥心」をもっと詳しく