H.I.S.モバイルは、既存のSIMに貼るだけで、世界75の国と地域でデータ通信できる海外渡航者向けSIMを7月1日に発売します。

いわば「貼るSIM」とも呼べる同サービスは、1日500円で海外で200MBまで通信できる「変なSIM」として提供。同SIMは6月22日より先行予約を受け付けており、サービス開始は7月1日を予定します。

●単一のSIMスロットに「2枚のSIM」

通常のSIMカードはプラスチックのタイプが一般的。対する『貼るSIM』は「サブSIM」と呼ばれ、薄いシールにICチップを埋め込んだもの。また同SIMは外部から書き換えることができます。

これをメインのSIMカードに貼ることで、海外旅行中もメインSIMを利用して国内電話番号を発着信するモードと、海外通信を1日500円で利用できる「変なSIM」モードを、アプリ上の操作でいつでも切り替えられるといいます。(追記:サブSIMは、メインSIMがドコモ・au・ソフトバンク・MVNOのどれであっても使えるとのこと。また、貼りにくい場合には、プラスチックのSIMに変更することも可能です)

この「サブSIM」(貼るSIM)は、金融庁が発表した「FinTech実証実験ハブ」の支援決定案件に採用されています。この「FinTech実証実験ハブ」では、日本で初めてSIMカードを金融取引の認証行為や電子署名として利用する実証実験が行われるといいます。

この「変なSIM」はSIMフリー端末、またはSIMロック解除済の端末で利用可能。7月1日よりH.I.S.モバイルホームページから購入できます。

「変なSIM」サービスの詳細についてはこちらの記事もご覧ください。

・H.I.S.モバイルから「変なSIM」、海外で1日500円・200MBまで通信可

「エイチ・アイ・エス」をもっと詳しく