日本代表を率いる西野朗監督は31日、ロシア・ワールドカップ行きの23名を発表した。

ガーナ戦のメンバー26名から外れたのは浅野拓磨、井手口陽介、三竿健斗。浅野、井手口はヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制の主力選手として活躍し、本大会出場を決めたオーストラリア戦ではともにゴールをマークしている。

一方で、それぞれの所属クラブであったシュトゥットガルト(当時)、クルトゥラル・レオネサでは出場機会に恵まれず、実戦経験を積むことはできなかった。西野監督は「非常に有望な若手の3人ですが」と前置きしつつ、落選した理由についてこう語った。

「この舞台に立たせてもらったのも彼らの力は大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じていて、求めたかったです。ただ、彼らの現状がそういう環境でなかった。非常にパフォーマンスは上がってきていましがが、現時点でのトップパフォーマンスではなかったと思います」

23名を選んだポイントについては「対戦国を含めていろんなシチュエーションを考えた」と説明した西野監督。23人の選手たちを信じてロシアへと乗り込む。

「サッカー日本代表(西野ジャパン)」をもっと詳しく