5月10日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に、“シノラー”として90年代後半、一世を風靡(ふうび)した篠原ともえがゲスト出演。現在はアーティストやデザイナーとして活動している篠原が、その転身ぶりについて告白した。

【写真を見る】大親友の深キョンから誕生日を祝福されるシノラー/※画像は篠原ともえ(shinoharatomoe)公式Instagramのスクリーンショット

デビュー当時、音楽番組「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系)でダウンタウンと共演していた篠原。浜田雅功は「最初の頃のあのキャラはなんでああいう感じに?」と篠原に質問。

篠原は「あれは本当に作ろうとかじゃなくて、緊張して舞い上がって楽しくなっちゃったらシノラーってなっちゃったんです。緊張もありましたよ」と回答。

続けて「私のキャラクターはダウンタウンのお二人が引き出してくれたんです」と篠原は笑顔で語り掛けた。

「最後結構めちゃくちゃなことされてたよね?」と松本人志が回想すると篠原は「馬乗りになられて、浜田さんが。『本当芸能界って怖い…』と思って(笑)」と激白。浜田はただただ笑うしかなかった。

ネット上では「篠原ともえめっちゃ美人や」「いまだにかわいい」「今の方が綺麗」など、シノラーイメージとは一変した大人っぽい篠原を絶賛するコメントが殺到した。

次回の「ダウンタウンDX」は、「芸能界ウラ事情SP」。ゲストに和田アキ子、中村アン、数原龍友、カンニング竹山、小島瑠璃子、ひょっこりはんらが登場する予定。(ザテレビジョン)

「篠原ともえ」をもっと詳しく