飛ぶ鳥を落とす勢いの中学生天才棋士・藤井聡太六段(15)が、思わぬ形で嘲笑を買った。

小学2年時に作詞した歌詞が、お茶の間に届けられてしまったのだ。

祖母が「作詞ノート」を保管

2018年3月22日放送の情報番組「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)では、藤井六段の特集を打った。

師匠の杉本昌隆七段(49)をゲストに呼び、藤井六段の強さの秘けつを分析したのだが、番組では「負けず嫌い」に注目。それが如実に表れている例として、とあるエピソードを紹介した。

藤井六段は小学2年時、対局で敗れると悔しい気持ちを歌詞にしたためていたという。藤井六段の祖母いわく「ラップ調」だったそうだ。

番組では、藤井六段が当時、歌詞を記した紙を写真で紹介。紙は一度は捨てられシワだらけだったが、祖母が見つけ保管していた。

以下、歌詞の一部(原文ママ、実際は6番まで続く)。

1.お〜らのはいちゃく2七角〜
馬のラインに入っていた〜
ただで角をとられては〜
オーノー オーノー

2.お〜らはそのままボロまけに〜
みんなのまえで
おはずかシー

3.お〜らはそのままうつむいて〜
小さく小さくなりました〜
お〜らそれから5分かん〜
な〜きつづ〜けました〜

「藤井聡太不憫すぎ」

番組では、男性アナウンサーがラップ調で歌いあげ、スタジオは笑いに包まれた。

出演者からは、「作詞の才能もありますね」「やっぱり天才なんだね」と賛辞が送られ、杉本七段も「賢い子ですがこういう才能があることは気づきませんでした」と驚いた様子を見せていた。

視聴者からはツイッターで、

「テレビでやってたんだけど、藤井さん作詞 小学生時代の 大号泣の歌がラップ調で韻ふんでて笑った」

など感心する声が寄せられた一方、

「昔のラップ読まれる藤井聡太不憫すぎ」
「まって藤井六段のラップ捨てられとんの公開とか黒歴史やん歌うとかやめーや」

と哀れむ声も挙がっている。

「藤井聡太」をもっと詳しく