日テレはジャニーズ事務所への忖度をやめたのか!? 3月13日放送の「ウチのガヤがすみません!」で驚くべき会話が繰り広げられた。この日は三代目 J Soul Brothersの岩田剛典がゲスト出演し、「憧れアナウンサー体験」と題して、緊急ニュースの原稿を読むアナウンサー役に挑戦した。

 慶應義塾大学出身の岩田は就職活動で、テレビ局のアナウンサー試験に落ちていたとのエピソードを披露。そんな岩田のニュース読み体験は実にスラスラとしたもので、慶應の同期である徳島えりかアナも「即戦力」と高評価だ。ここでMCのヒロミが「タレントでもキャスターになる人がいるじゃない。そういう話が来たらやる?」と訊ねるも、岩田は「いやあ、どうかなあ」とやんわり否定していた。

 だがヒロミが「もし『NEWS ZERO』の話が来たら?」と同局の看板番組を引き合いに出すと、岩田も「興味はありますね」と笑顔で肯定。それを受けてMCの後藤輝基が徳島アナに「これ言うといてください!」と振ったところ、彼女は「全プロデューサーに言っておきます」と返し、後藤は「これは実現するかもしれません」と締めくくったのである。このやり取りについて芸能ライターが驚きの顔で語る。

「『NEWS ZERO』といえば、06年の放送スタート時から嵐の櫻井翔が月曜キャスターを務めていることは誰でも知っています。いわばジャニーズ事務所の牙城でもある同番組に、三代目JSBを推薦するストーリーを放送するなんて、以前ならとてもあり得ない話でしょう。その場のノリで収録したとしても、放送ではカットされていたはず。それをそのまま放送したあげく、徳島アナの『全プロデューサーに言っておきます』という言葉まで伝えたのですから、もはや日本テレビはジャニーズ事務所に忖度しないのかとビックリしましたね」

 なお岩田は4月15日スタート予定のドラマ「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系)にて主役を務めており、さらに言えばEXILE TRIBE総出演のドラマ「HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜」も日本テレビの制作だった。どうやら日本テレビが忖度する相手はもはや、ジャニーズではないのかもしれない。

(白根麻子)