手軽に作れておいしい炒飯は家庭の定番メニュー。しかし、失敗するとご飯がベチャベチャになってしまったりと、なかなかお店のような炒飯を作るのは難しいですよね。そこで今回は、“家庭でできるおいしい炒飯の作り方”をご紹介。簡単にできるので、ぜひ参考にしてください。

【写真】ごまを入れるだけで炒飯がパラパラに

■ 炒飯にごまを入れたらパラパラになる!?

2月22日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」(テレビ朝日系)では、“炒飯をおいしく作る裏ワザ”を紹介。簡単すぎる裏ワザに、「本当にこれだけでおいしくできるの!?」と注目が集まりました。

まず取り上げたのは炒飯をパラパラにする裏ワザ。作り方はとっても簡単で、いつもの炒飯にごまをプラスするだけ。200gのご飯に対して50gのごまを用意して、他の具材と同じタイミングでフライパンに投入しましょう。

「ごまを入れるだけでパラパラになるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、番組に登場した料理研究家・河瀬璃菜さんによると、ごまが米と米の間に入ることによってご飯1粒1粒が引き立つそう。さらにごまが余計な水分を吸ってくれるので、パラパラの炒飯が出来上がります。

実際に食べた中華料理店のオーナーシェフ・林小波さんは、「パラパラに仕上がってるからおいしい」と大絶賛。ネット上でも「プロが作ったみたいにできた」「こんなに簡単な方法があったとは!」と驚きの声が上がっています。

また番組では、市販のおにぎりを炒飯に変身させる方法も紹介。お好きな具材のおにぎりを崩しながら炒め、しょうゆなどで軽く味つけしましょう。あとは海苔を散らすだけで簡単に具入りの炒飯が完成。林さんも「炒めただけでこんなにおいしくなるの!?」と驚愕するほどの本格的な仕上がりなので、ぜひ試してみてくださいね。

■ 熱々のご飯で作る「かにチャーハン」

ここからは、家庭で作れる絶品チャーハンのレシピを見ていきましょう。まずご紹介するのは「かにチャーハン」。

フライパンでふんわりとした炒り卵を作ったら熱々のご飯を加え、強火でパラパラに炒めます。

ご飯と卵が混ざったらねぎとかにを加えて炒め合わせ、塩、こしょう、しょうゆで調味。仕上げにごま油を少々たらしたら完成です。

■ マヨネーズが決め手の「和風卵チャーハン」

続いては「和風卵チャーハン」。まずはご飯とマヨネーズをよく混ぜます。フライパンで油の代わりにマヨネーズを熱し、溶け始めたら溶き卵を投入。半熟になったらご飯を加え、パラパラになるまで炒めましょう。

梅干し、じゃこ、調味料を加えてさらに炒め合わせ、ごま、万能ねぎをプラスすれば和風の絶品炒飯が仕上がります。

炒める前に温かいご飯にマヨネーズを混ぜておくとご飯粒に油の膜ができてほぐしやすくなるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

さまざまな具材で作れる炒飯は、余った食材の消費に役立つのもうれしいポイント。冷蔵庫の中を覗いてみて、半端な食材があれば炒飯に加えてみては?(レタスクラブニュース)

「裏ワザ・豆知識(ライフハック)」をもっと詳しく