乃木坂46の能條愛未は、「私はグループのなかでもザ・アイドルというよりかはバラエティ的な立ち位置」とキッパリ言い放つ。乃木坂46のテレビ番組では、自身をさらけ出した発言や、どんなムチャぶりにも対応する姿で笑いを誘い、バラエティセンスを遺憾なく発揮している能條。そんな彼女がひとたび女優の顔になれば、そのイメージは一変するだろう。最近は舞台でクールビューティーな女性を演じ、3月8日から出演するミュージカル「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」では王子様のような勇ましい少女の役に臨む。

撮影/ヨシダヤスシ 取材・文/渡邉千智 制作/iD inc.

オファーに「チャンスが巡って来た!」と思った

ミュージカル「少女革命ウテナ 〜白き薔薇のつぼみ〜」は、1997年に放送されたテレビアニメ『少女革命ウテナ』の放送20周年を記念した作品です。本作への出演は能條さんへ直接のオファーだったと聞きました。
舞台でのお芝居はもともと好きなのですが、今まで舞台に参加させていただく機会があまりなかったんです。そんななかで私にオファーをいただいて率直にうれしい気持ちでした。
しかも主演という立場です。
乃木坂46のメンバーも舞台で主演をしている子がいて、そういう子たちの姿を見てカッコいいなと思っていて。グループにいるあいだに、いつか自分も主演をやってみたかったので、チャンスが巡って来た!と思いました。
能條さんは乃木坂46として活動する以前から舞台に出演されていましたし、今回のオファーは不安というよりも「やってやろう!」という気持ちのほうが強かったのでしょうか?
そうですね。気合いを入れなきゃっていう思いは強かったです。
『少女革命ウテナ』は、能條さん演じる王子様に憧れを抱く男装の少女・天上ウテナが、『薔薇の花嫁』と呼ばれる姫宮アンシー(山内優花)と出会い、アンシーが持つ「世界を革命する力」を手に入れるために戦いに挑んでいく物語です。アニメをご覧になった印象はいかがでしたか?
20年前のアニメを見る機会ってなかなかないので、とても新鮮に感じました。ウテナをあまりアニメのイメージに寄せすぎてしまうのも違うかなと感じましたが、ワンシーンごとの絵がとても綺麗で、これが舞台になったらとても華やかになるなと思いました。
たしかに、キャラクターたちの麗しい容姿をはじめ、唯一無二の世界観で映像美も素敵ですよね。
はい。決闘のシーンも美しくて迫力があって。ミュージカルと聞いて、面白くなりそうとワクワクした気持ちになりました。

ウテナの紳士的な立ち居振る舞いに共感を覚えた

ウテナの姿をご覧になった印象はいかがでしたか?
アニメを見てウテナがどういう人物なのかを知っていくうちに、自分が演じている姿が想像できたというか。ウテナと私はかけ離れていないのかも、と感じて。
近いものを感じたのでしょうか?
乃木坂での私のキャラクターを知っている方からすれば、きっとウテナのようなカッコいい少女は私と真逆のタイプだと感じる方も多いと思います。「できるのか?」って意見もあるんじゃないかな。でも、私は声も低いですし、男性的…と言ったら違うかもしれませんが、ウテナの立ち居振る舞いには共感できる部分があったんです。だから、アニメを見てからのほうが不安はなくなりましたね。
能條さんもウテナのように勇ましい性格なのですか?
どちらかと言えば…勇ましいのかな? 性格はけっこう人見知りが激しくて、持ち前の勇ましさを出すまでには相当時間がかかっちゃうんですけど…(笑)。慣れるまでは「本当に大人しい子だね」っていう印象だと思います。
舞台を多くご覧になっている方からすれば、ウテナ役もそうですし、過去に出演した舞台『じょしらく』や「カードファイト!! ヴァンガード」〜バーチャル・ステージ〜で演じていた役が、みんなどこか勇ましいというか…クールビューティーなイメージだったので、能條さんにもそういったイメージを抱いている方もいるかもしれません。
あ、本当ですね! いろいろ舞台で演じてきた役を思い出したら、たしかに全部勇ましい感じです。
もしかしたら、能條さんのハマり役なのかもしれないですね。
そうだったらうれしいです!(笑)

アンシーとのシーンでは、女性にキュンとしてもらいたい

先ほど、アニメを見て不安が少なくなったとおっしゃっていましたが、お稽古でウテナと向き合ってみていかがですか?
まだ稽古の序盤(※取材が行われたのは2月上旬)なんですけど、やっていてそんなに違和感はないというか。逆に、アンシーみたいなミステリアスなお姫様タイプのほうが難しそうだなと感じています。
舞台『16人のプリンシパル』にご出演していた際、男性の役を演じるにあたり、紫吹 淳さんの男役をイメージされていたとのことですが、そういった部分が今回のウテナ役にも通じたり…?
『プリンシパル』のときは完全な男役だったこともあって、憧れだった紫吹さんの男役姿をイメージしましたが、ウテナは女の子。完全な男らしさを出してしまうと、きっとまったく違って見えてしまうと思うので、男っぽくなりすぎず女の子っぽくなりすぎずを表現したいと考えています。
ウテナの立ち居振る舞いや言動がカッコいいのはもちろん、アンシーとのシーンや決闘シーンはウテナのカッコよさがより引き立つ部分だと思います。
アンシーに対してウテナは、「友達になろうよ」という感覚で接していますが、やっぱり見てくださるお客様からしたら、男性と女性のロマンティックなシーンのように見えますよね。ウテナ自身はそういうつもりで接しているわけじゃないけれど、そこで自然と出てしまうカッコよさというのは意識したいです。
王子様のウテナと、お姫様のアンシーというような見え方になりそうです。
男の子に見えるような仕草などで、女性にキュンとしてもらいたいなと思います。
決闘シーンについてはいかがでしょうか? はじめてアクションに挑戦されるのだとか。
そうなんです。はじめてなので、「どうしよう!?」って思うこともあったのですが、ウテナは強い子で、剣さばきができるようにならないといけないので、今、稽古をしていて一番の課題ですね。
男顔負けの剣さばきを見せますが、そのなかで女性らしい所作の美しさとかもありそうです。
そうなんですよね。アクション中も、ただカッコいいだけじゃないウテナの美しさは絶対にあると思います。立ち姿などを研究して、よりいい決闘シーンをお見せしたいです。
次のページ

「本物の人見知りっていうのは私のことを言います(笑)」

先ほど「人見知り」というお話がありましたが、座長という立場で、ご自身からコミュニケーションを取らなきゃと考えたりは…?
……って思うんですけど、難しいですね(苦笑)。自分から話しかけに行けないんです。でもアンシー役の優花ちゃんは人見知りをしない性格らしくて、私と真逆のタイプなのでガツガツ話しかけてくれて。すごく助かっています。
それはうれしいですね。ウテナとアンシーの関係を表現するのに、話し合いなどもしやすそうです。顔見知りの方というと…。
ウテナの親友である篠原若葉役の竹内 夢ちゃんは舞台「ヴァンガード」で共演していて、ウテナと決闘する男装の麗人・有栖川樹璃役の(立道)梨緒奈ちゃんは高校の同級生なんです。全員知らない方だと本当に委縮しちゃうので、顔見知りがふたりもいて、とても安心しました。
ほかのみなさんとは……?
まだ時間がかかりそうです(笑)。
普段の舞台の現場だと、どれくらい時間をかけて仲良くなるんですか?
本当に稽古終盤にならないと話さない人もいたり、役として絡まない間柄だと、本番直前になって「はじめてしゃべりましたね…」ってことも…。
今、こうしてお話させていただいているとそんなイメージはないのですが、人見知りが発揮されていますね(笑)。
本物の人見知りっていうのは私のことを言います(笑)。「人見知りです」って言って普通にお話されている方を見ると、「全然違うじゃん! ウソじゃん!」って。
(笑)。
今回に関しては稽古期間内で全員とお話して…そこそこのコミュニケーションを取っていけたら…。ただ、舞台経験に関しては共演者の方のほうが先輩なので、そういうところは頼りつつ…自然と仲良くなれたらいいなと思います。だって、私からいきなり「趣味は何ですか?」とか聞くのもぎこちないじゃないですか。
座長として頑張っている感じが出ていてとてもいいと思いますが、たしかにそうですね(笑)。
だから自然な流れで…それが理想です!
座長というと、よく座組みのメンバーをまとめてご飯に誘うことも多いと聞きますが。
あぁ〜! たしかにそうですね。でも私は絶対にムリだと思う! そういうタイプじゃないから…。自分から「ご飯に行きませんか?」って言っている姿はまったく想像つかないです。
むしろ話しかけてもらったり、誘ってもらったりしてほしい?
はい。それはすごくうれしいです。話しかけてもらえたら徐々に素を出していいんだなと思えるので…ウェルカムです!(笑)

原作のイメージが重要。2.5次元舞台に抱く難しさ

ここからは能條さんについてのお話をうかがわせてください。乃木坂46としてのアイドル活動もお忙しいなかで、能條さんが舞台に出演したいと思う理由、ご自身の活動のなかで舞台の立ち位置とは?
私はグループのなかでもザ・アイドルというよりかはバラエティ的な立ち位置。こうした舞台ではちゃんとした一面…女優…役者としての姿をファンの方に見ていただけるんじゃないかと思っているんです。
先ほども「乃木坂での私のキャラクターを知っている方は、きっとウテナのようなカッコいい少女は私と真逆のタイプだと感じる方も多いと思う」とおっしゃっていました。テレビやラジオでは率先してイジられたり、メンバーをイジったり…たしかにバラエティイメージが強いかもしれません。
はい。だからこそファンの方は、アイドルのときと舞台に立っている役者のときでは私の印象が全然違って見えているんじゃないかな。はじめて経験させていただいたときから、お芝居はずっと好きなので、こういった舞台やお芝居ができる場はとてもありがたいです。
それこそ、2.5次元舞台への出演が多いという点で、それがご自身の強みだと思うことはありますか?
んー……正直、2.5次元の作品は得意ではなくて。どちらかと言うと、ファンタジーの世界より、ノンフィクションでリアルな日常を描いた作品のほうが得意なんです。
そうだったんですか! 作品の世界に溶け込んでいるイメージでしたので、何だか意外です。
2.5次元はとにかく原作のイメージを守ることが大事だと思うんです。だから、アニメがある作品だったら声も多少は似せたい。だけど私はいろんな声色を使い分けられるタイプではなくて…。2.5次元で活躍されている方は、演じているときの声を聞いているだけで原作やアニメのそのシーンが思い浮かぶので本当にスゴいなぁ…って。
原作があり、声優さんが声を吹き込んでいる2.5次元作品ならではの難しさですね。
今も声はなかなか掴みづらくて、難しいなと感じている部分なんです。
乃木坂46のメンバーのみなさんから、2.5次元作品の出演について何かお話されることは?
『ウテナ』のビジュアルが解禁になったときは「似合ってるよ!」ってたくさんのメンバーから言ってもらえて。とてもうれしかったですね。
メンバーの方が公演を見に来てくださることも?
はい、もちろん来てくれます。
どなたが見にいらっしゃることが多いのでしょうか?
んー…今は舞台に出演している子も多いので、舞台が好きな子や単に仲良しなメンバーは絶対に見に来てくれますね。忙しい合間を縫って見に来てくれるメンバーもいるので、うれしいです。
では、ファンの方から握手会などで出演舞台の感想を直接もらうことは?
あります! 見に行ったよ、とか感想とか。何回か見に来てくださる方だと、自分のお気にいりのワンシーンを披露してくださることもあります。
それはスゴいですね(笑)。
セリフを丸暗記して披露してくださるんです。絶対にセリフを覚えるのは大変なのに、そういうファンの方の姿を見ると、とても励みになりますね。
能條愛未(のうじょう・あみ)
1994年10月18日生まれ。神奈川県出身。A型。2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格し、乃木坂46のメンバーとして活動をはじめる。グループ活動だけでなく、ドラマ、映画、舞台と活動の場を広げ、2014年の映画『死の実況中継 劇場版』では初主演を務めた。舞台「カードファイト!! ヴァンガード」〜バーチャル・ステージ〜(戸倉ミサキ役)、「墓場、女子高生」(メンコ役)、『じょしらく』シリーズ(空琉美遊亭丸京役)などの舞台の活動も精力的に行っている。

出演作品

ミュージカル「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」
2018年3月8日(木)〜18日(日)@CBGKシブゲキ!!
脚本・演出/吉谷光太郎
<出演>
能條愛未(乃木坂46)/山内優花/戸谷公人/横井翔二郎/立道梨緒奈/大崎捺希/鈴木亜里紗/竹内 夢/熊田愛里/NENE/池田謙信/山内涼平
(c)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京 (c)ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、能條愛未さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2018年3月5日(月)12:00〜3月11日(日)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/3月12日(月)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから3月12日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき3月15日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。