「“木村くんのことがよくわかりません”って言われることがあります」と、木村達成は少し気恥ずかしそうな表情を見せて言った。これまで彼が出演した作品で演じてきた役のイメージも相まってだろうか。たしかに、クールでどこかミステリアスな雰囲気も感じさせる。仕事においては自分の意見をしっかり主張し、本人曰く「協調性がなく、敵を作るタイプ」とのことだが、話を聞いていくとそんなイメージを覆す、意外な(!?)木村のチャーミングな素顔があった。

撮影/川野結李歌 取材・文/渡邉千智 制作/iD inc.
スタイリング/部坂尚吾(江東衣裳) ヘアメイク/melon
衣装協力/ジャケット¥42,000、トラウザーズ¥28,000(KHONOROGICA)、リング¥16,000、ブレスレット¥32,000(NORTH WORKS/HEMT PR:tel.03-6721-0882)、インナー¥14,000(APPLETREES)、シューズ¥65,000(GRENSON/UNIT & GUEST:tel.03-5725-1160)

ワガママで子どもっぽい…演じる役に共感するところ

3月9日から上演されるミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』。1973年に誕生し、1983年にはブロードウェイミュージカルとしても上演されたフランス劇を原作としています。日本では1985年に上演されて以降、長く愛されているグランドミュージカルですね。
グランドミュージカルに出演したい気持ちがあったので、出演が決まったときは、とても有名な方々と一緒に舞台に立ってお芝居ができるのだろうかという不安もありましたが、とにかく頑張るしかないなと思いましたね。
事実上の夫婦として生活してきた、ゲイクラブのオーナー・ジョルジュ(鹿賀丈史)と看板スターの“ザザ”ことアルバン(市村正親)の性別を超えた異色の“愛”と、家族の絆の物語が描かれる本作。木村さんが演じるのはジョルジュの息子であり、アルバンが母として手塩にかけて育ててきた、ジャン・ミッシェルですね。
前回公演の映像を見させていただいて、ジャン・ミッシェルを自分が演じられるのか?と、さらに不安が押し寄せてきました。
これまでに、山崎育三郎さんや原田優一さん、相葉裕樹さんと名だたる方が演じられました。
僕が演じるという点で、僕らしいジャン・ミッシェルになることは間違いないなと思ってはいるのですが…。でも、「前の方のほうがよかったな」と思われるのはくやしいので、精一杯頑張ります。
ジャン・ミッシェルは突如ジョルジュとアルバンに結婚宣言をしたり、その相手がよりにもよってゲイクラブを厳しく取り締まるダンドン議員夫妻(今井清隆&森 公美子)の娘・アンヌ(愛原実花)だったりと、突拍子のないことをしがちな青年という印象です。
ジャン・ミッシェルと僕は同い年ですけど、彼はまだまだ子どもなんですよね。僕も自分でガキだなと思うし、稽古をするなかで「あ、僕も普段こういうことを親に言っていたかもしれない」って感じるセリフもありますね。
共感できるところも多い?
思ったことを貫き通したいとか、ワガママなところは…僕と似ているところかなと思います(笑)。最近(取材が行われたのは1月下旬)、台本を読み込んでジャン・ミッシェルを知っていくうちに、共感できるところがたくさんあるなと感じているんですよね。

自然と出てくる親子の「似ている」感を表現したい

お稽古も進んでいるということで、作品や役と向き合うなかで当初感じていた不安は少しずつ解消されていますか?
まだまだたくさんありますが、徐々に消えつつあります。今は稽古を通して、その不安をひとつずつ自信に変えていく作業をしている感じですね。
上演まであと1カ月ほどですが、ジャン・ミッシェルをどう自身に取り込もうと稽古に臨まれていますか?
鹿賀さんのお芝居をずっと見ていたいなと考えています。親子って、言葉のニュアンスやしぐさなど、絶対どこかに似ている部分がありますよね。僕も父親のマネをしているつもりはないんですが、「父親に似ている」と言われることがよくあって。ジャン・ミッシェルとしても、そういうところをキャッチしたいなと。
自然と出てきてしまう、親子の「似ている」感を表現したい?
はい。鹿賀さんの姿を見て、自分のお芝居にうまく取り入れたいですね。
たとえばどんなところを取り込もうと?
鹿賀さんの声って、とてもセクシーで引き込まれるじゃないですか。ジャン・ミッシェルとしても、アンヌに愛を伝えるところがあるので、そこをうまくピックアップできたらいいなと今は考えています。
では、これからセクシーな声に変わっていくかもしれないですね。
はい、まだこれから稽古もあるのでどうなるかわからないですが、今の段階は(笑)。
稽古場で鹿賀さんとお芝居をしてみていかがですか?
僕の目を見て芝居をしてくれるんです。僕はまだまだ未熟者ですが、僕のことをちゃんと役者として見てくれているんだなと感じて、すごくうれしいです。
鹿賀さんとお芝居について話されることもありますか?
はい。セリフをすぐに言えるようにと稽古前から台本をすべて覚えて行ったのですが、鹿賀さんとの芝居に緊張して、ジョルジュの感情を先取りしてしまったり、芝居が前のめりになってしまったり…。自分でも自覚があったのですが、そういう部分をしっかり指摘してくださいますね。
アドバイスをいただくのですね。
すごく丁寧に伝えてくださるので、とてもありがたいです。聞いた話なのですが、僕との芝居を通して、鹿賀さんもこれまでとは違う、いろんなジョルジュの表現を稽古で試してくださっているみたいで。
それはうれしいですね。
前回に引き続き出演されている方が多いなかで、新キャストの僕が入ったことで、いろんな表現を試してみたいと思われるような存在になりたいですし、いい意味でスパイスになれたらいいなと思っています。

愛を歌で表現する…はじめての経験に難しさを感じて

では、木村さんから見た市村さんの印象はいかがですか?
じつは、市村さんはご挨拶を一度させていただいただけで、まだ稽古場でご一緒できていないんです。でも、ご挨拶させていただいた際、「よろしくね」と笑顔で言っていただいてホッとしました。うれしかったですね。
では、市村さんと稽古をするのも楽しみですね。
はい。すごく楽しみで、心待ちにしているんです。
お稽古場の雰囲気はいかがですか?
いい雰囲気だと思います! 稽古場にもっと行きたいって思わせる雰囲気がありますね。
素敵ですね。これまでは同世代の方と一緒の現場にいることが多かったと思いますが、先輩が多いというのは、またこれまでと空気感も違いますか?
これまでの現場とはまたひと味違う感覚で楽しいです。みなさんとても素晴らしい方ばかりなので、ついていかなきゃって必死ですね。演出の山田(和也)さんをはじめ、役者のみなさんからアドバイスをいただくこともあるので、言われたことに対しては自分のなかで素直に解釈して発信していきたいなと思っています。頑固だけど頑固じゃない…というか。自分で聞きに行くこともありますし、意見はちゃんと取り入れて改善していきたいと思って臨んでいます。
現状で「ここが課題」という部分はありますか?
ミュージカルなので、いかに感情を理解しながらその気持ちを込めて歌って、相手にその気持ちを伝えるのかっていうところは…今、壁にぶち当たっていますね。僕の役は愛を歌で表現することが多くて、そういったミュージカルもはじめての経験なので…。歌で表現して、なおかつ表情やダンスでも感情を表現しないといけないというのは難しい部分です。
体全体を使って表現するミュージカルならではの難しさでしょうか?
どれかに集中しているとどれかが疎かになっちゃうんですよね。芝居やセリフのことなどを考えてやっていると表情も固まってしまって。ジャン・ミッシェルはまるで夢のなかで歌っているような…もっと表現力を磨くべく頑張ります。
次のページ

芸能界に入る際、明確な目標があったわけではなかった

先ほど、「グランドミュージカルに出演したかった」とお話がありましたが、ミュージカルはもともとやりたいジャンルだったんですよね。
子どもの頃から映画を観ていたのですが、洋画が多くて、そのなかでもミュージカルっぽい作品を観ているとワクワクしていました。子どもの頃からのそういった経験があって自分もその世界に引き込まれたので、僕も誰かをその世界に引き込ませることができたらいいなと思っていました。でも、「ミュージカルがやりたい」って思うようになったのは最近ですね。
芸能のお仕事をはじめてから?
ミュージカル『テニスの王子様』(通称:テニミュ)をやっているときは、無我夢中で目の前のことにひとつひとつ挑んでいくという感覚だった気がします。まずは木村達成という人間を認めてもらいたかったので。
まだそのときは、デビューだった『テニミュ』に一生懸命臨むことだけを考えていた、と。
ミュージカル『テニスの王子様』は、とにかく目の前のことに挑んでいたし、役者として僕にすべてを教えてくれた原点だなと感じています。そのときは、役者としてどんなことに挑戦したいということは考えていなかったですね。
芸能界に入る際、明確な目標があったわけではなかったのですか?
そうですね。小学生の頃、劇で役を演じて自分ではない人を演じることに楽しさを感じて、役者をやってみたいと思いました。役者としてお仕事をさせていただくなかで、ミュージカルに挑戦したいと思うようになりましたね。

「話しかけるなオーラを出しているつもりはない(笑)」

ライブドアニュースのインタビューでは、これまで、須賀健太さんとの対談でお話をうかがってきたので、こういった木村さんのパーソナルな部分のお話を聞けるのは、おひとりのインタビューならではだなと思いました。貴重なお話をありがとうございます。
あはは。喜んでもらえたならよかった。何か、僕はこうやってソロでインタビューを受けるときに、「木村くんがよくわかりません」って言われることがあります(笑)。
えっ!?
あ、失礼な感じじゃなくて「何を考えているのかわからないから、今日はそれを紐解いていきます!」って。でも、僕も自分のことをちゃんと理解しているわけではないので、じつはインタビューで自分のことを話すのって苦手なんです(笑)。「どういう人間だと思う?」とか「自己PRして」って言われると、3秒くらい固まっちゃう。
インタビューだけでなく、それこそオーディションなどで「自己PRして」はよく言われることだと思いますが…。
困っちゃうんです。自分で「素直で気さくな性格です!」とか言うのもイヤだしなぁ…って(笑)。負けず嫌いなところはあると思いますが…。あと、協調性はないです。
ご自身で言っちゃうんですね(笑)。
ワガママなところが協調性がないって思います(笑)。
お稽古場などでも木村さんは自分の意見をガンガン言って気が強いタイプと、共演者の方のお話などから聞いていました。
あ、はい。その通りで現場では、けっこう敵を作ってしまうと思います(笑)。
それが「協調性がない」につながってくるんですね(笑)。
だから取っつきにくいって思われがちなんです。「話しかけるなオーラを出してる」とか。出してないのに!
(笑)。人から「コミュニケーションが取りづらいな」と思われがち…?
そうなんです! 僕は“来るもの拒まず”タイプなんですけど、まず、僕に近寄って来てくれる人が少ない。僕は人を「めっちゃ嫌い!」とか思ったことがないんですよ。嫌われることのほうが多いです…。
そ、そんな悲しい顔をしないでください…。
だから、役者仲間で僕とご飯に行ってくれる人はごくわずかなんですよね…。そういう点で『ラ・カージュ』の現場は、みなさんがよく話しかけてくれるので……うれしい。
本当は話しかけてほしいんですね?
ほしいです! 一匹狼気質なんですけど、寂しがり屋で孤独は嫌いです。でも人見知りなので自分からは話しかけられなくて…。
いろんな矛盾が入り混じっています(笑)。
ははは! 今回は僕と共演経験のある人が、「木村達成ってこういう人だよ」と話してくれたらしくて、率先してみなさん話しかけてくれるんです。
うれしいですね。みなさんとご飯なども行けたらいいですね。プライベートのご友人とはいかがですか?
プライベートのほうがワガママが発揮されているかもしれないです(笑)。気分がのっているときは何でもできるんですけど、少しでもイヤなことがあると、予定を断ることもあります。「今日はこういうことがあって、気分がのらないから行きません」って。
でも、正直に「気分がのらないから」って言ってくれるんですね。
はい、変に嘘はつかないです。というのも、僕の嘘はすぐバレちゃうんです。子どもみたいな嘘しかつけないので(笑)。
木村達成(きむら・たつなり)
1993年12月8日、東京都生まれ。A型。2012年、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンの海堂 薫役でデビュー。ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」(薬師カブト役)、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ(影山飛雄役)などの出演で注目を集める。BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』シリーズでは、今泉俊輔役を務めた。

出演作品

ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』
2018年3月9日(金)〜31日(土)@日生劇場
<出演>
鹿賀丈史、市村正親、木村達成、愛原実花、真島茂樹、新納慎也、香寿たつき、今井清隆、森 公美子 ほか
http://www.tohostage.com/lacage/intro.html

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、木村達成さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2018年2月19日(月)18:00〜2月25日(日)18:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/2月26日(月)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから2月26日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき3月1日(木)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。