25日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの浜田雅功が、ツッコミとしての一番恥ずかしい状況を告白した。

情報番組では初となる浜田のロングインタビューを放送。「ツッコミの達人」と紹介された浜田が、三宅正治アナウンサーにツッコミの極意を明かしていた。その最中、三宅アナが「『ツッコミで失敗したな』なんて思ったことはあったりするんですか?」と尋ねたのだ。

これに浜田は「デッカイ声でツッコんで、笑いがけえへんときは、『失敗したな』と思ってください」と返し、三宅アナを笑わせる。浜田によると、大声でツッコんでも笑いが起きない場合は、ツッコミ担当として一番恥ずかしいことなのだそう。浜田は「(ツッコミの)トーン上げるってことは、笑いを誘うためにいってますから!」と説明した。

すると三宅アナは、即座に「スタッフ聞いてるかぁ!? 」と呼びかける。続けて、トーンを上げた声で「浜田さんが大きい声で(ツッコミを)言ったら、それに返すように大きい声で笑う!!」と“指導”したのだった。

【関連記事】
浜田雅功が赤ちゃんの泣き声で漫才を放棄か…松本人志が暴露
「日本のお笑いをやりたくて来た」アイクぬわらが浜田雅功の黒塗りに理解
浜田雅功の黒塗り 批判する人に疑問「優劣を付けて人種を見てる」

「浜田雅功」をもっと詳しく