8日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、新年最初の放送が謝罪から始まった。

同番組のオープニングでは、音楽とともにCG映像が流れ始めるが、この日は冒頭直後に突然、右上の番組ロゴを残して画面が暗転してしまった。さらに一瞬、スタジオ映像に切り替わったように見えるもすぐさまCGが復活。通常の映像とテロップが出現したのだ。

実は報道ステーションが通常のオープニングで始まるのは2017年12月21日以来。その後は特別番組の影響で短いオープニングCGになったりしていた。

番組がスタートすると、富川悠太アナウンサーと小川彩佳アナウンサーが冒頭であいさつする。その後、富川アナが「2018年最初の報道ステーションですが、番組冒頭でCG画面から黒みが出てしまいまして、不体裁がありました。大変失礼いたしました」と謝罪し、小川アナとともに頭を下げていた。

【関連記事】
杉村太蔵 若槻千夏への失礼発言を即座に謝罪「大変だから仕事を始めたと…」
千原ジュニアにNHKがうっかりミス?…番組アナが謝罪
朝日新聞の公式Twitterが謝罪 放射性廃棄物処分場を巡るコメントで誤り

「報道ステーション」をもっと詳しく