17日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、日本相撲協会の体質に声を荒らげた。

番組では、「“モンゴル出身力士”&“横綱の品格” 揺れる相撲界に復活の大提言SP」と題して、今なお揺れる元横綱・日馬富士の暴行事件について、出演者たちが意見を交わした。

その最中、相撲ジャーナリストの大隅潔氏は、貴乃花親方が相撲協会に強い不信感を抱いているとコメント。「(相撲協会に)自分の言っていることが通らない」との思いから、貴乃花親方が今回の暴行沙汰を刑事事件にしたため、このような大きな騒ぎに発展してしまったというのだ。

すると、たけしが「(もし)若い衆が殺人を犯したら、協会に行くっておかしいじゃない!?」「『私が殺しました』『じゃ、協会に相談して』って、そんなバカな話が通るわけないじゃない!」と、相撲協会の体質に声を荒らげた。

たけしは、口ゲンカや飲み屋のいざこざ程度ならば、協会に相談することもあるだろうと前置きした上で、「明らかに犯罪だと決まっているものを、まず協会に相談するっていう約束があること自体が(おかしい)」と吠えたのだった。これに日本相撲協会の評議委員会議長・池坊保子氏が「相談するじゃありません。届け出る義務があるということ」だと補足していた。

【関連記事】
柳原可奈子 日本相撲協会の訪問を拒む貴乃花親方に苦言「大人げなさMAX」
藤田紀子が相撲界のしきたりを明かす…貴乃花親方は「語れない」
元大関・把瑠都凱斗が破った相撲界の掟…玉袋筋太郎が暴露

「日馬富士の暴行問題」をもっと詳しく