26日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)で、不適切な発言があったとして、アナウンサーが謝罪した。

「サンデーマナブくん」のコーナーでは、各種電子マネーを取り上げた。話題が中国における電子マネーの人気に及ぶと、ジャーナリストの中島恵氏が電話取材に応じ、中国事情を紹介していた。

この中で、リスナーから寄せられた質問が紹介される。中国では路上ミュージシャンへの投げ銭も、電子マネーで渡されると聞いたことがあるというのだ。すると、中島氏は事実だとし「路上ミュージシャンもスマホ持ってますので」「スマホがないと×××も…、×××もQRコードを首からつり下げて持っている人も多いので…」と発言したのだ。

その場では特に指摘がなかったものの、番組終盤に女性アナウンサーが言及した。「訂正です。先ほど放送の中で、×××という言葉を使用していましたが、こちらは低所得層やホームレスの差別につながるため取り消しいたします。大変失礼いたしました」と話し、中島氏の発言を取り消したのだった。

【関連記事】
太田光 日馬富士の暴行疑惑でのコメンテーターの見解の変化を指摘
「バイキング」が謝罪 ラスベガス銃乱射事件で小林旭が問題発言か
フジ番組「恋神アプリ」でパラオ編の配信と放送が中止…ロケ先で現地の法令に違反

「ラジオの話題」をもっと詳しく