三森すずこに会うと笑顔になる。この日、取材スタッフが用意していたカップケーキを見るなり、「わー、かわいい! 私、今日は甘いものを食べないって決めてたんだけど…食べちゃお!」とパクリ。「おいしー!」の言葉と愛らしい表情に、その場にいた全員から笑みがこぼれる。そんな彼女の8thシングルのタイトルは『エガオノキミヘ』。周りの笑顔を引き出す天才・三森すずこの魅力の原点は、意外にも女子校にあった――!?

撮影/川野結李歌 取材・文/とみたまい 制作/iD inc.

「三森すずこが映像付きで走る」アドトラックに感動!

前回のインタビューでお話をうかがいました、7thシングル『サキワフハナ』ですが、オリコンシングルチャートで、自己最高ポイントを獲得し、7位にランクインしたということで、周りの方の反応などはいかがでしたか?
劇場版アニメ『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の主題歌だったというのもあって、みんなに浸透するのがすごく早かった印象ですね。でも、最高記録とか、7位とかっていうのをあんまり実感していなかったんですけど……個人的な喜びがあって。
個人的な喜びですか?
MVが流れるアドトラックが街を走って、すごい嬉しかったんです(笑)。自分では一度も見られなかったんですけど、街を歩いていた先輩から、「三森すずこが映像付きで走って行ったよ」ってLINEが来ました(笑)。
映像付きは、街でも目立ちますよね。
映像付きって、嬉しいですよね。MVを流しながら走っているほかのアーティストさんのアドトラックを、「いいなー」って思いながら見てたから、とても嬉しかったです。
10月11日にリリースされる、8thシングル『エガオノキミヘ』ですが、こちらは10月から放送されているテレビアニメ版『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』のオープニングテーマ曲ということで、2作連続テーマ曲を担当されています。
私自身、鷲尾須美を演じているのもあって、すごく特別感のある作品なので……キャラクターソングではなく“三森すずこ”として主題歌を歌わせていただけるっていうのは、この作品に関わるメンバーとして、仲間として、とても「ありがたいな」というか、「嬉しいな」っていう気持ちですね。
前回はオリエンタルな曲調でしたが、今回はどんな曲になりましたか?
そうですね、前回は全体的にオリエンタルで、ちょっと強さもあって……大きな世界観で描かれた曲でしたが、今回はまたガラッと雰囲気が変わっています。もちろん、『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の世界観は作曲を担当された蔦谷(好位置)さんにお伝えして作っていただきましたが、「大きなこの世界」というよりは、「私とあなた」みたいな、前回とはまた全然違う雰囲気の曲だなあと、新鮮でしたね。
作詞は前回と同じく、中村彼方さんが担当されたということですが。
曲の世界観は蔦谷さんに、作詞は『結城友奈は勇者である』の世界観を熟知されている彼方さんにお任せして。そうやっておふたりにお任せして作っていただいたので、プレゼントをいただいたような感じですね。
タイトルの『エガオノキミヘ』は、どこから出てきたのでしょうか?
前回は「幸せをもたらす花」という意味で、『サキワフハナ』ってカタカナ表記にしたんですけど、今回も……候補はいくつかあった中で、「またカタカナでいこう」みたいな(笑)、みんなで話し合った結果、そうなりましたね。
『サキワフハナ』と『エガオノキミヘ』は、対のようなイメージもあります。
同じ作品のテーマ曲なので、前回からつながっている感じを出したかったんですよね。ただ……今までは「花」など、自然のものに対しての畏(おそ)れや願いでしたが、今回は人と人とのあいだのお話なんです。自分が大切に思っている相手に伝えたい思い。作品のストーリーで言うと、三ノ輪 銀というキャラクターに対しての思いなので。
なるほど。「笑顔」はそこからきているんですね。
そうなんです。銀ちゃんがいつも笑顔で、元気いっぱいな女の子だったので、『エガオノキミヘ』というのは、銀ちゃんに対してのタイトルという感じなんですよね。

歌詞の中に散りばめられた、作品へのオマージュ

歌ってみて、いかがでしたか?
すごく……切なかったですね。銀ちゃんが今後どういった運命をたどるのか、すべて知っているのでそう思うのかもしれませんが。歌っていると、どうしても気持ちが暗くなっちゃって。でも、「暗い」というよりは、「ノスタルジック」な感じに持っていけたらなあって思ったんですよね。銀ちゃんと一緒に過ごした思い出などの、素敵な記憶がキラキラとよみがえるようなイメージで、ノスタルジックな雰囲気が出せたらいいなと思いました。
歌い出しも印象的でした。
いまだかつてない、優しい感じで入っています(笑)。優しさがあふれている感じですね。
とても細く、繊細に入っていますよね。
そうですね。頭のところはとくに音数も少ないので、何回も挑戦しました。全部録り終わってから、もうちょっと強く歌うバージョンとか、か細いバージョンとか、頭サビだけいろいろ試しましたが、一番切ない音色のものをチョイスして、初めから切なさ全開でいってみようと思いました。
とくにお気に入りの部分はありますか?
じつはですね、歌詞の中に同級生3人(鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪 銀)の名前が入っているんです。「片隅」、「銀色に輝いた」、「その頃も今もそう」って……。みんなの名前がかくれんぼしていて、すごいかわいいなって思いました。
あ、本当だ! 入ってますね。
ふふふ。あと、劇場版『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の副題になっていた、「たましい」、「ともだち」、「やくそく」が歌詞の中に、全部入っているんです。そういったところも楽しんでもらえるんじゃないかなって思います。
それは、彼方さんのアイデアだったのでしょうか?
そうです。彼方さんがすごくこだわって入れてくださって。
三森さんにとってはサプライズ?
そうですね、知らなくて。歌詞を初めて手にしたときに「あれ? もしかして?」って思いました。スゴいなあって。あと、個人的には「春風 花が踊る」から「綿雪 すくい上げた」までのこの、春夏秋冬……大好きな銀ちゃんのことをずっと思って過ごしている年月、季節の移り変わりの表現がすごく美しくて、お気に入りです。
彼方さんらしい繊細な表現で、切なさが増しますね。
彼方さんが収録当日までこだわって、何回も変えていらっしゃったんですが……歌詞が生まれる瞬間に立ち会えたなあって。レコーディング中にブースの外から、「そこはやっぱり“綿雪 すくい上げた”にしてください」とかっていうやりとりがあって。彼方さんのその、女性らしい、すごく繊細な世界観の歌詞が私は大好きで、素敵だなあって思います。
彼方さんがレコーディングに立ち会われたんですね。
そうなんです! だから、「街路樹 赤に染まる」とかも、当日ふいに生まれた言葉だったりするんですよ。
季節の言葉が入っていなくても、情景で春夏秋冬を表現しているところが素敵ですね。
そう! 間接的な言葉だからこそ、情景が思い浮かびやすいというか……どんどん時が経っていく感じがして、切なさが倍増しましたね。オケ(※ボーカル以外の伴奏部分)も“蔦谷さん節”で、キラキラしていて、いろんな音が響いているのがすごく素敵でした。

ロケ地の学校に懐かしさを感じて…ジャケット撮影秘話

カップリング『Colorful Girl』はどんな曲になっているのでしょうか?
PandaBoYさんにお願いしたんですが、『エガオノキミヘ』とはガラッとタイプの違う、ものすごく盛り上がりそうな楽曲になりました。「ハーモニーをたくさん重ねて、厚みのある、だけどポップな曲にしたいです」って、無理なお願いをしたのですが(笑)……PandaBoYさんの中では、「PandaBoYさんにお願いしたいです」って言った瞬間にもう、やりたいイメージというか、テーマがあったんですよね。
どんなテーマですか?
私のステージを観てくださったときに、いろんな表情があって、「カラフルガールだな」って思ったそうで。それをなんとか歌で表現したいということで、今回、すごくいろんな色が出てくるんです。曲の途中で、みんなでMIMORIN BRADE(サイリウム)の色を変える場面があって……ボタンをポチポチ押していくと、順番に色が変わっていくんです。その指示を私が出すっていうくだりがあって、それは今から楽しみにしています。
ライブで歌うと、さらに楽しそうですね。
うんうん、楽しみです! 12色出てきますが……「グリーン!」とか、「ピンク!」とか言っていって、最後のほうは、ライトグリーン、ライトブルー、ライトピンクっていう、絶妙な色の違いっていう(笑)。ふふふ。
前作でも、カップリング曲には三森さんが実際に踊ったタップダンスの音を入れていましたが……表題曲では作品の世界観がしっかりと描かれて、カップリング曲では三森さんの色がすごく出ているというのは、パッケージとしてバランスがとても良いなあと思います。
たしかに。表題曲のほうは、描かれた世界観の中での人物を演じるイメージで歌っていますが、カップリングのほうは素の状態で、お芝居の本編とアンコールみたいな感じですね。メリハリがあって楽しいんですけど、同じ人物が歌ってるって思われないんじゃないか……落差があって(笑)。
「お芝居の本編とアンコールみたい」っていう表現は、すごく三森さんらしいと思います。そういうイメージで、三森さんはいろんなものを見ているのかなって。
そうですね(笑)。私、歌に関してはいつも、そういうふうにイメージしてるかなあ……。
CDのジャケット写真は、学校で撮影されたということですが。
彼方さんに『エガオノキミヘ』の歌詞を説明していただいたときに、「“懐かしい友達に会いに行く”みたいな感じの曲なので、懐かしい場所に行ったり、懐かしい人に会ったときのような、嬉しいんだけど切ない、ノスタルジックな気持ちを大事に歌ってください」って言われて。まさにそれを表現したジャケットになっているんですよね。
なるほど。
制服じゃない私服の私…大人になった私が、懐かしの校舎に戻ってきて、窓の外を見ていたり、「懐かしいなあ」って、思い出に浸っているようなジャケットになっています。
学校でのロケはいかがでしたか?
すごく……新鮮。久しく、学校に行ってなかったので(笑)、「学校って、こんな感じだったよなあ」って思いました。とっても暑い日に撮影しましたが、秋っぽい衣装で、秋色全開でした。教室の中に風が吹いてくるイメージだったので、風をいっぱい吹かせたんですよ……目をシュパシュパさせながら。乾燥との戦いでしたね(笑)。
次のページ

甥っ子にメロメロ。三森すずこが「笑顔になれる瞬間」

この夏は、「たくさんライブをされているなあ」って思っていましたが、どんな夏になりましたか?(※取材が行われたのは8月上旬)
たしかに、ライブがいっぱいできた夏で……楽しかったですね。今年はとくに、大阪や上海へ行ったり、『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』に出演したりと、いろんなタイプのステージに立たせていただいて、夏を満喫した感がありますね。毎週のように歌ったり踊ったりすると、喉もその仕様になってくるんですよね。それがすごく嬉しくて。
歌うことが馴染んでくる?
久々に歌うとピッチが甘くなっちゃったりするんですけど、こうやって頻繁に歌うチャンスがあると、喉の状態が研ぎ澄まされていって、「ああ、また次のライブが早くやりたい!」ってなりますね。
7月に、大阪から始まったライブツアー『Mimori Suzuko Live 2017“Tropical Paradise”』はいかがでしたか?
大阪の当日はもうバタバタで。まあ、いつもバタバタなんですけど(笑)。リハーサルとゲネプロが終わってから、息つく暇もなく「もう本番です」みたいな感じで、生きた心地がしなかったんですけど(笑)。振り返ってみるとすごい楽しかったし、なんか興奮しちゃって……いつもは新幹線に乗るとすぐ寝ちゃうのに、一睡もしないで、ずっとマネジャーと「こうだったね、ああだったね」ってしゃべりながら帰ってきました。
前回お話をうかがった際は、ツアーの次の日は「無になった」とおっしゃっていましたが、今回は違った?
そうそう、今回は元気だったなあって。今年の夏はすごい元気でした。去年は体を鍛えていたんですけど、筋肉が付きすぎて、「筋肉禁止」って言われて、今年は何もしていないんですよね。でも、何もしなくても、食べていれば意外と体力はあるんだーってわかりました(笑)。大阪公演の直前に、神戸牛のステーキを食べたんですけど、そのおかげですごい頑張れたんで、また次もステーキがいいなって思っています(笑)。
『エガオノキミヘ』にちなんで、三森さんが「笑顔になれる瞬間」を教えてください。
前まではもっぱら“食”でしたが……「食べることって楽しいな。一食たりとも無駄にしちゃいけない!」って(笑)。でも最近は、甥っ子が可愛くて。生まれてやっと半年過ぎたぐらいで、無口で全然しゃべらない、泣いたりもしない赤ちゃんだったんですけど、最近になってすごい元気で、かわいくって。
たとえばどんなときですか?
先にお風呂に入っている妹のところへ、甥っ子を裸にして連れて行ってあげようとして、服を脱がせたんですよ。そしたら、すごい笑い出して。「ええ!? めっちゃ笑ってる! わぁー、かわいい!」って(笑)。すっごいかわいいから、妹に動画を送ってもらって、それを見ながら日々頑張っています。
まさに「笑顔になれる瞬間」ですね。甥っ子さんには頻繁に会われているんですか?
そうですね。妹が都内に住んでいるのでちょこちょこ会ったり、毎日のように動画が送られてくるので(笑)、それを見ながら「あぁ、かわいいなあ」って癒やされています。
前回のインタビューでも思ったのですが、三森さんとお話するととっても楽しくて、周りもみんな笑顔になるんですよね。三森さんは自然にそれをされているのでしょうが、周りを笑顔にするために心がけていることなどはありますか?
心がけてるのは……「自分をいい感じに演出しない」っていうことですかね(笑)。もともと照れ屋なので、かわいくしたり、クールにすましたりするのが苦手なタイプなんです。だから、無理して自分をいい感じに演出しようとしても、そういう自分に可笑しくなって「ブフーッ!」って笑っちゃうんですけど(笑)。そういうところが、とくに同性から「壁を作っていない」って思われるのかな?
まさにその通りだと思います(笑)。
中高が女子校だったので、ブリッコしていても、かわいくしていても意味がなくて、「面白い子が勝ち」みたいな、そういうピラミッドの中で生きていたので(笑)。
ピラミッド(笑)。
「自分の面白さで、どれだけ生き残れるか」に、13歳のときから賭けているっていうところがあって(笑)。ただやっぱり、女性として捨ててはいけない部分はあるなーって思うので、そのバランスを大事に生きていますね。
女性として捨ててはいけないところとは?
言葉遣い(笑)。私も「うまい(おいしい)!」とか言っちゃうんですけど、言葉遣いがよくないと品が悪く見えるので、女性としての品は失っちゃいけないなって思っていますね(笑)。

先輩・加藤英美里の“可憐さ”を見習いたい!

ところで以前、三森さんと同じ事務所の後輩・尾崎由香さんにインタビューをしたのですが……。
見ました! 読ませていただきました!
ありがとうございます! そこで、尾崎さんは三森さんが憧れの存在で、「三森さんみたいになりたい」とおっしゃっていて。
その箇所を、「後輩がこう思ってくれてるんだよー」って、親に見せました(笑)。すごい嬉しいですね。“おざぴゅあ(尾崎さんの愛称)”は子どものときから芸能活動をしているので、私なんかより芸歴も下積みも長いし……もともとアニメと違うところで活動していたので、私は勝手に親近感を持っていて。彼女もそう思ってくれてるのかなって思うんですけど。
昔の三森さんと状況が似ている?
そうですね。アニメの文化に詳しくない状態で声優業界に入ってきて、「なんかよくわからないけど、とりあえず頑張ろう!」みたいなところは、昔の自分を見ているみたいで「頑張れー!」って応援したくなりますね。
なるほど。
ただ、彼女は天性の……強運みたいなものを持っていると思うので、「何かを掴むぞー!」って必死になってガツガツするよりは、ふんわり構えていてもらいたいなって思うんです。それでもきっと彼女には良い運がまわって、良いお仕事ができるんじゃないかなと思うので……ギュンって闘志を燃やして、「あれもこれも」みたいになったら、彼女らしさが失われちゃうかなって思うので、「今のまま頑張れー!」ですね(笑)。
尾崎さんが三森さんに憧れるように、三森さんが「こういう先輩になりたいな」って憧れる方は身近にいらっしゃいますか?
声優の加藤英美里さんですね。仲良くさせていただいているんですけど、英美里さんは、ずっと可憐なんです。しかも、英美里さんが人のことを悪く言ったり、ネガティブな発言をしたりしているのを一度も聞いたことなくて。私は「聞いてくださいよー。こんなことがあって腹が立っちゃって!」とか、けっこう言っちゃうんですけど(笑)。英美里さんは「そうなんだ、大変だね、みもりん。でも、こういうこともあるよね」って、すべてを受け入れて、そっと包んでくれるので、素敵だなあと思っていて。
そういう先輩が身近にいらっしゃるのは、ありがたいですね。
本当に。お仕事もパーフェクトだし、現場でお会いしても、「いろんな声が出て、素敵だなあ」っていつも思っていて。大人の女性なのに、いつまでも可憐なんですよね。大人になればなるほど……女性って図々しくなる部分があるじゃないですか(笑)。その図々しさが、英美里さんにはかけらも感じられないところが、本当に見習いたいポイントだなって思います。私なんて、小さい頃からけっこう図々しい部分があるので……(笑)。
(笑)。三森さんは、相変わらず楽しい方だと思いました。
ふふふ。楽しく生きています。
それでは最後に、読者の方にメッセージをいただけますか?
はい。今回はテレビアニメ版『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』のオープニングテーマということで、劇場版をご覧になった方も、まだ観ていない方も、テレビでたまたま観ようと思っている方にも、作品の世界観と相まって聴いていただけるような曲になったらいいなと思って作りました。歌詞は作品にグッと寄った内容になっていますが、「これは、いろんなことにも当てはまるな」と思っていて……。
いろんなこととは、たとえば?
転校して遠くの学校に行っちゃった子が、久々に友達に会うときや、恋人と復縁したとき……そういった、いろんな状況と重ね合わせられるなと思っているので、作品を知らなくても、「ちょっと切ない曲を探してる」っていう方がいらっしゃったら、ぜひ聴いていただきたいなと思います。
ありがとうございます。今回も楽しい取材で、たくさんパワーをいただきました(笑)。
いやいやいや……曲の雰囲気と私のしゃべりが、今回はとくに合っていない気がしていて(笑)、そこが心配ですね。ありがとうございました!
三森すずこ(みもり・すずこ)
6月28日生まれ。東京都出身。AB型。ミュージカル女優として活動したのち、声優デビュー。代表作は『探偵オペラ・ミルキィホームズ』、『ラブライブ!』、『ゆるゆり』シリーズなど。2015年は『ラブライブ!』の劇中ユニットμ’sのメンバーとして「第66回 NHK紅白歌合戦」にも出場した。ソロアーティストとしては2013年4月に『会いたいよ...会いたいよ!』でデビュー。2017年7月から9月にかけて、大阪と千葉にてライブツアー『Mimori Suzuko Live 2017“Tropical Paradise”』を開催した。

CD情報

8thシングル『エガオノキミヘ』
10月11日(水)リリース!


左から初回限定盤、通常盤

【初回限定盤】(CD+DVD)
¥1,750+税
【通常盤】(CD)
¥1,250+税

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、三森すずこさんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2017年10月10日(火)12:00〜10月16日(月)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/10月17日(火)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡 (個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから10月17日(火)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき10月20日(金)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。