5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、俳優の小林旭が、ラスベガス銃乱射事件をめぐり激怒。その後、榎並大二郎アナウンサーが視聴者に向けて謝罪する一幕があった。

現地時間の1日夜、アメリカ合衆国ラスベガスで、ホテルの32階から屋外コンサート会場に向けて銃が乱射される事件が発生した。3日時点で判明しているだけでも、死者が59人、負傷者が527人に達する最悪の大惨事となった。犯人とみられる男性はホテルの室内で自殺していたという。

番組では、人生初のゲストコメンテーターとなった小林に、MCの坂上忍が事件に関する意見を求めた。

小林は犯行に怒り心頭のようで「赤ん坊をひねくってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああいうことする人間っていうのは、バカか××××しかいないよ!」と、自殺した容疑者を非難したのだ。

その後、榎並大二郎アナウンサーが深刻な表情で「先ほどの議論の中で、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました」と説明。小林の発言であるかは不明だが「取り消させていただきます」と、頭を下げて謝罪していた。

【関連記事】
江頭2:50が「PPAP」を披露するもモザイクと規制音でほぼ全編カットに
水野美紀 溜め込んだ怒りの発散方法に規制音「うわぁー×××!」
後藤輝樹氏の政見放送 不適切発言の連発で音声が削除される事態

「ラスベガス銃乱射事件」をもっと詳しく