8月31日、サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組で日本はオーストラリアを2対0で下し、6大会連続のW杯出場を決めた。ピッチ内で躍動する選手とともに、ピッチ外ではテレビ朝日の解説者・松木安太郎氏が脂の乗った言葉を繰り出していった。

 前半41分、日本がオーストラリア陣内でボールを回すと、「リズムが良いですよ」と連呼し始める。すると、MF長友佑都からのクロスにFW浅野拓磨が飛び込み、日本が先制ゴールを挙げた。松木安太郎研究家でライターのシエ藤氏が話す。

「松木さんは絶叫の印象が強いですが、実はかなり的確に試合を読んでいますからね。このシーンのように、過去にも何度も“予言”を的中させています。また、『いいボールだ!』『おい!』『よしよしよし!』という定番のフレーズで視聴者を楽しませると同時に、常に過去を超える名言を生み出してくれます。この日も、“まさかの発言”で視聴者の度肝を抜いてくれました」

 後半37分、MF井手口陽介が試合の流れを日本に引き寄せる2点目を叩き出す。その後、スタジアムのオーロラビジョンにゴールの映像が流れると、松木氏はこう言った。

「ずっと映してりゃいいんだよ、残り時間!」

 いくらホームゲームだとはいえ、自国のゴール映像を10分近く流し続ける国などないだろう。そもそも、選手がプレーに集中できなくなりそうだ。

「そんな野暮な突っ込みをしたくなる言葉を、スッと口にできる所に松木さんが愛される理由があるのではないでしょうか。そして、松木さんは同じ名言を2度繰り返すことはない。だからこそ、語り継がれる言葉になる。

 過去の松木さんの有名なフレーズに『ふざけたロスタイムですね〜』(2011年アジア杯、対シリア戦)があります。あの名言はあの日、あの展開でなければ決して生まれなかった一期一会のアドリブです」

 2013年のオランダ戦で本田圭佑のシュートがバーを叩いた時に発した「ゴールちょっとズラしたいよね。ほんのちょっとでいいんだ」など、松木氏の名言は一度限りで、自身が解説で流用することはない。

「松木さんは『こんなことを言ってやろう』という邪念がない。その場で観て、思いついたことを素直に口にしている。だから、視聴者に好かれるのでしょう。イヤらしい性格だったら、少し長いアディショナルタイムがある度に『ふざけたロスタイム』のフレーズを使いますよ。でも、松木さんは決してそんなことをしません。あくまで日本サッカーを愛しているからこその叫びなんです」

 ネット上では、周りを楽しませるトボケた発言をするよりも、誰かに突っ込みを入れたいと考えるユーザーも少なくない。そんな中で、突っ込まれることを恐れずに自分の感情を露わにしていく松木氏のスタイルが支持を集めているのではないだろうか。

外部リンク