24日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、お笑い芸人のカンニング竹山が、匿名で寄せられる批判に苦言を呈した。

番組には、竹山とハライチの岩井勇気、澤部佑がゲスト出演した。トークの中でMCのおぎやはぎ・矢作兼が、岩井の「炎上」について言及する。岩井は以前、ラジオ番組で元フィギュアスケート選手の浅田真央さんが引退したことについて「グダグダで辞めていった」「何、国民的アイドルって?」などと発言した内容がネットニュースで報じられ、物議を醸していた。

そこで、番組ではキレやすい竹山と岩井を鍛えるべく、リスナーからあえてふたりを煽るコメントを募集。すると岩井宛に「(浅田の件で)世の中の人の言えないことを代弁してやったというドヤ顔が目に…浮かびませんわ。顔、覚えてないし」「自分だって売れてないクセに、グダグダ芸能人やってるじゃん」 との意見が届く。

澤部は「厳しい」と苦笑し、岩井も「厳しいですね」と受け止める一方で、「お前らも別に知らねえよ」「(匿名である以上)誰でもないんだから、お前たちは」と不満な様子も見せる。

竹山は岩井に賛同し「分かる、岩井の言ってる意味分かる」「誰でもねぇよ。なんの力もねぇし、なんも成し遂げたことも、なにもないんだよ」と指摘。さらに「ネットがなかったら、お前ら一生だんまりだぞ」とネットからの匿名批判に声を荒げていた。

【関連記事】
ハライチ・岩井勇気 浅田真央さんに関する発言の真意「記事になると嫌な感じに」
ハライチ・岩井勇気 司会で噛みまくりナレーション対応となる一幕
山里亮太がハライチ・岩井勇気の炎上騒動に言及「危機感を持たなきゃ」

「カンニング竹山」をもっと詳しく