18日放送の「ビビット」(TBS系)で、コメンテーターのテリー伊藤が、現在の報道に警鐘を鳴らした。

番組では、元政策秘書への暴言暴行疑惑の豊田真由子衆院議員が、頭を丸めた姿で政治活動を再開するのではないか、という「東京スポーツ」の記事を話題に取り上げた。

出演者たちが意見を述べた後、MCの国分太一が「豊田議員のこの問題って情報番組でよく取り上げますけど」「その一方で、加計の問題だったり森友の問題っていうのはどんどん薄れていく。そこもちょっと怖いところだなと思うんですよね」と、大問題となった森友・加計騒動の続報がないことを懸念した。

テリーも同意し「北朝鮮のミサイルの問題とか、トランプの問題が出てきちゃうと、そういうの(森友・加計の報道が)どんどん無くなってきている。ずっと『北朝鮮に対して、どうしようか』ってことになっちゃうと、大事なことが消えてっちゃうんだよね」と警鐘を鳴らしていた。

【関連記事】
北村晴男弁護士 加計学園めぐる報道を批判「日本のマスコミは終わっている」
大沢あかね 安倍晋三首相の答弁に苦言「納得する人は少ないんじゃないかな」
高橋茂雄が安倍晋三首相の答弁に痛烈「どっち付かずをよく続けられるなと」

「加計学園問題」をもっと詳しく