年収と幸せの関係とは?

「年収が1,000万円くらいあれば幸せなんだけどな…」という声をよく聞きます。確かに入ってくるお金が多ければ、できることが増えますよね。では、年収1,000万円以上になったら、本当に幸せを感じるものなのでしょうか。

“幸せ”といっても、さまざま要素がありますので、今回は”年収別の家計運営に関するデータ”を見ながら、年収と幸せの関係について探ってみたいと思います。

年収1,000万円以上でも「家計にゆとりがある」のは4人に1人

日々生活していくうえで、“家計にゆとりがあるかどうか”は、幸せを感じる要素の一つだと思います。毎月カツカツでアップアップ。お金を使いすぎて余裕がない状態だと、心にも余裕がなくなってしまいます。「年収1000万円以上なら、家計にも心にも、さぞかしゆとりがあるだろう」と感じるかもしれません。

そこで、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」(2015年)の「生活設計策定の有無、家計全体のバランス評価、家計運営の評価」より、年収別に「家計運営の評価」を見てみましょう。

条件をそろえるために、今回は”一人暮らしの人のデータ”を見てみましょう。年収別に、家計運営の4つの評価(思ったよりゆとりがある、思った通り、思ったより苦しい、意識していない)がどんな割合になっているか、ぜひご覧ください。

●年収300万円未満
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・3.7%
思ったような家計運営ができた・・・15.3%
思ったより、家計運営は苦しかった・・・41.7%
意識したことがない・・・39.4%

●年収300〜500万円未満
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・8.6%
思ったような家計運営ができた・・・21.3%
思ったより、家計運営は苦しかった・・・31.8%
意識したことがない・・・38.3%

●年収500〜750万円未満
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・9.7%
思ったような家計運営ができた・・・31.3%★
思ったより、家計運営は苦しかった・・・18.5%★
意識したことがない・・・40.5%

●年収750〜1,000万円未満
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・14.6%
思ったような家計運営ができた・・・29.2%
思ったより、家計運営は苦しかった・・・20.8%
意識したことがない・・・35.4%

●年収1,000〜1,200万円未満
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・26.1%★
思ったような家計運営ができた・・・26.1%
思ったより、家計運営は苦しかった・・・8.7%
意識したことがない・・・39.1%

●年収1,200万円以上
思ったより、ゆとりのある家計運営ができた・・・28.6%★
思ったような家計運営ができた・・・14.3%
思ったより、家計運営は苦しかった・・・14.3%★
意識したことがない・・・42.9%

いかがでしょうか。確かに、年収が上がるにつれて「思ったより、ゆとりのある家計運営ができた」が増えている傾向にあります。

ここで、★印をつけたところに注目してみましょう。

「年収1,000万円〜1,200万円未満」「年収1,200万円以上」では、「思ったより、ゆとりのある家計運営ができた人」をよく見てみると、およそ4人に1人の割合と、意外と少ないのです。

さらに、年収1,200万円以上で、「思ったより、家計運営は苦しかった」という割合が14.3%。「年収がそんなにあるのに?」と驚くのではないでしょうか。一人暮らしで年収1,000万円以上でも、みんながみんな、心も家計もゆとりがあって幸せを感じているわけではないようです。

「家計運営に満足している割合」は、年収500万円以上ではそれほど変わらない

では、「家計運営に満足している人」は、年収別にどれくらいいるのでしょうか。
「思ったより、ゆとりのある家計運営ができた」+「思ったような家計運営ができた」の両者を足したものを「家計運営に満足している人」として、計算してみました。

「家計運営に満足している人」
●年収300万円未満・・・19%
●年収300〜500万円未満・・・29.9%
●年収500〜750万円未満・・・41%★
●年収750〜1,000万円未満・・・43.8%★
●年収1,000〜1,200万円未満・・・52.2%
●年収1,200万円以上・・・42.9%★

年収1,000〜1,200万円未満の人は、52.2%と高い数値ですが、年収1,200万円以上の人(42.9%)と、年収500〜750万円未満の人(41%)、年収750〜1,000万円未満(43.8%)の人と、数値がほとんど変わりません。

”家計運営の満足度は、必ずしも年収に比例しない”ことがわかります。

年収が増えると、出費がどんどん増えてしまうことに注意

今、年収1,000万円以上の人も、新入社員時代からその年収だったという人はほとんどいないでしょう。最初は少ない年収で、スキルアップ、ステップアップなどによって少しずつ年収が増えていったはずです。

ここで注意したいのが、入ってくるお金が増えると、それだけ出費が(いつの間にか)急激に増えてしまいがちだという点。

お給料が増えたから…「外食を増やそう」「気軽にタクシーに乗ろう」「いい部屋に引っ越そう」「細かいことは気にせず、どんどんお金を使っちゃおう」「貯蓄がなくても、またお給料が入るからいいや」――と、出費が右肩上がりに(収入アップよりも急カーブで)増えてしまいがちなのです。

もちろん、がんばって稼いだ自分のお金。楽しみが増えていくことは大変うれしいものです。仕事が忙しくなれば1日の時間が貴重ですので、時間短縮のためにお金を使う機会も増えることでしょう。

一方で、収入が増えた分、貯蓄も増えればいいのですが…貯蓄は以前とかわらず、出費ばかりがどんどん増えていく落とし穴に陥りがちです。年収1,000万円以上あっても収支がいつもカツカツ。自転車操業で貯蓄がまったくない…という方もいらっしゃいます。

いざというときに使える大きなお金がないと、年収が少なくて貯蓄が数百万円ある人よりも、心身の余裕がなくなってしまいますよね。

貯蓄が増えるにつれて、老後の心配度が減っているというデータがあります。年収も気になるかもしれませんが、心の安定には“貯蓄”が大切だとわかるのではないでしょうか。貯蓄があるかどうかで、将来の自分ができることが、大きく変わりますから。

「年収が高くなれば、幸せになれそう…」というのは、実は幻想だったとも言えます。「年収が高い人っていいな」と思っていても何も始まりません。日々自分のやるべきことにまい進しつつ、「貯蓄を始めること」で、幸せに一歩ずつ近づいていきませんか?
(文:西山 美紀)

外部リンク

「年収・給与」をもっと詳しく