強いだろうとは思っていたが、まさかここまで“強い”とは――。昨年最年少でプロ棋士となった藤井聡太四段が、今なおデビュー以来の連勝街道を突っ走っている。栴檀は双葉より芳し。恐るべき中学3年生はどのように育まれたのか、14年11カ月の人生の棋譜。

 ***

 藤井四段は2002年7月、愛知県は瀬戸市の生まれである。

 住宅メーカー勤務の父と専業主婦の母との間の次男。父母ともに将棋を指さないが、祖父母から5歳の時に将棋を教わり、教室に通うようになる。続いて名古屋市の「東海研修会」に参加して腕を上げると、小4でプロ棋士養成機関「奨励会」に入会。スピード昇段し、昨年、四段に昇格した。

 現在は、名古屋大学教育学部附属中学校の3年生。部活に入らず、対局がない日は学校が終ると帰宅し、将棋の研究に勤しむ生活だという。

藤井聡太四段
■音楽より数

 天才と評される人物は、得てして、幼い頃から逸話に彩られるものだが、彼はどうだったのか。

 以前、本誌(「週刊新潮」)の取材に答えた母・裕子さんの発言を繙くと、こうある。

「聡太が歩けるようになったのは1歳2カ月、意味のある言葉を話せるようになったのは1歳6カ月くらいから。周りと比べてちょっと遅いかな。変わったことと言えば、小学校に入る少し前、ピアノ教室に通っていた時にこんなことがありました。8分音符というのは、4分音符に旗のようなものが1本付きますよね。聡太はピアノより“これは旗がいくつあるから何分音符だ。4分音符の何倍の速さだ”という計算が好きで、旗を20個くらい付けて、“これは何分音符だ”などと計算するのに熱心。音楽より数に興味があったようです」

 幼少期は世界の山の高さや海の深さを覚えるのが得意で家族にしばしば披露していた。今もネットでアメダスのデータを見て、降雨量や積雪量をチェックするのが好きなのだという。

 自宅の隣に住む祖母も、こんな話を思い出す。

「鉄道が好きで、駅のダイヤを丸暗記してしまうんです。時刻表を端から端まで覚えていて、どの電車に乗ると目的地にいつ着くのか、すぐ教えてくれました」

 数字に強く、暗記力に長ける。棋士の片鱗は既に見せていたのだ。

■『深夜特急』読破で集中力アップ

 それに加えて、

「集中力もすごかった」

 と祖母が続ける。

「小学校高学年の時、『読んで面白かった本』に挙げていたのは、百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』や、沢木耕太郎さんの『深夜特急』。『深夜特急』は私が勧めたのですが、聡太は集中力があるので長くても一気に読んでしまうんですよ」

 司馬遼太郎『竜馬がゆく』を読破したのもこの頃。椎名誠、新田次郎などもお気に入りで、幼少期にもテレビはそれほど見ず、毎週決まって見ていたのは「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」くらいだったという。

 そんな彼だから、一度頭が将棋へと向くとそれ以外は頭に入らなくなる。

「将棋のことを考えながら歩いていて、ドブに落ちたことが2〜3回はありました」(同)

 というし、今でもそれは変わらずで、

「今日も生徒手帳をなくしたなんて言っていました」

 と笑うのは、名大附中の担任・大羽徹教諭である。

「一方で、すごくこだわりが強いところもある。中2の頃、宿題の提出率が悪く、理由を聞いたら“学校の勉強は授業内がすべて。宿題はプラスαで、マストではないでしょう”と。いろいろ説明して、今は納得してくれましたけどね」

 ちなみに学校の成績は、

「すべてを勉強に向けられれば、トップ層に食い込むはず」(同)

 だそうだ。

特集「『深夜特急』読破で集中力アップ! 不二家チョコレートで脳のスタミナ!『藤井聡太』14年11カ月の棋譜」より

「週刊新潮」2017年6月22日号 掲載

外部リンク