2日深夜放送の「有吉ジャポン」(TBS系)で、森三中の黒沢かずこが、酒の席にいた女子アナの行動に不快感を覚えたことを明かした。

番組では、「下戸の居酒屋メシ」と題して、黒沢、平成ノブシコブシの吉村崇、俳優の原田龍二の3人がロケを行い、ご飯と相性抜群の酒のつまみを紹介した。

料理を待っている間に、黒沢はとある女子アナの行動を暴露したのだ。その女子アナは、チーフプロデューサーの食べ残しを、すっと食べてしまったそう。それを見た黒沢は「こいつはヒデー女だな」と思ったとのことだ。

さらに黒沢によると、その後のチーフプロデューサーの反応も不満だったようだ。その女子アナに自分の料理を食べられると、「えっ、俺のでいいの?」とデレデレ状態だったそうで、そんな姿を目の当たりにした黒沢は「ああ! なんて酒って汚いんだろ!」と思ったとか。

黒沢がぶちまけた不満を聞いていたワイプ越しの有吉弘行は「お前も少しは努力しろ、バカ…」と冷たくツッコミを入れていた。

【関連記事】
黒沢かずこ あわや炎上のバービーに消火活動「完全に火にかぶってた」
森三中・村上知子の心が折れた仕事 体を張る企画に「戻ってきたくない」
森三中・大島美幸が「クソ!」と反発した芸人の名前を明かす