エマ・ワトソンが主演を務める映画『美女と野獣』は、4月21日に日本でも公開。最初の週末3日間で、あの『アナと雪の女王』を越える大ヒットスタートをきった同作だが、公開2週目もその勢いは衰えず、4月30日までに動員248万118名、興行収入36億5,473万6,300円を記録し、2週連続動員ランキングナンバーワンを獲得したことがわかった。

 『アナと雪の女王』でさえ興行収入35億円超えを記録するまでに13日間を要したが、『美女と野獣』は、わずか10日間というハイスピードでこれを突破。GWに入り、その勢いは、ますます加速している。

 また、「歌だけで泣ける」「アレンジも素敵」と楽曲を絶賛する声も多く、音楽の分野でも次々と記録を樹立。特に注目なのは主題歌「美女と野獣」。アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌うエンドソングはもちろんのこと、プレミアム吹替版でベル役と野獣役のボイスキャストを担当した昆夏美と山崎育三郎による日本版デュエットソングも好調だ。サウンドトラックは、iTunesトップアルバムカテゴリで1位を飾り、その他各チャートでも上位をキープしている。GW期間中もさらなる動員が見込まれ、100億円突破が確実視されている『美女と野獣』。一体どこまで記録を伸ばすのか、目が離せない。