「一番のがんは文化学芸員といわれる人たち。一掃しなければダメだ」――滋賀県のセミナーで暴言を吐いた山本幸三地方創生相(68)。元大蔵官僚の“経済通”で「アベノミクスの生みの親」といわれているが、政治資金の使い方もやっぱり「軽率」だった。

 本紙は、山本の政治団体「山本幸三後援会」(北九州市)の政治資金収支報告書(2011、12年分)を精査。すると、不可解な支出が目についた。

 11年3月26日に「周防灘カントリークラブ」に、1万610円支出。目的は「会費」で、組織活動費(交際費)に区分されている。本人が関係者とラウンドしたかどうかは不明だが、過去に政治資金でゴルフ代を支出していた国会議員は何人も問題視されている。

 さらに、12年3月26日には、東京・市ケ谷の焼き鳥居酒屋「Hermitage KIKUYA」(閉店)に1万6880円支出している。目的は「食事代」とある。こちらも組織活動費だ。酒を飲みながら会議ができるのだろうか。

 山本事務所に問い合わせたが、期限までに返答はなかった。政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授はこう言う。

「ゴルフをしながら、政治活動に必要な会議ができるとは思えません。本来ポケットマネーで支払うべきものを、政治資金から出したと疑われても仕方がありません。居酒屋への支出については、地元の後援会の資金で東京の飲食店に支出するのは不可解。広域での活動に支出するのなら、政治団体の届け出を総務省にしなければいけません」

 山本といえば、10年1月、委員会の最中に私用の食事会に関する携帯メールをコソコソと打つ様子が報じられた。メールには女優の杉本彩が同席することまで書かれていた。さらに、12年6月にインサイダー取引でパクられた証券会社の役員から5000万円の資金を受けたことが報じられた。しかも役員の逮捕の3カ月前に、捜査機関である証券取引等監視委員会に対し“圧力”とも取られかねない質問を国会でしていた。

 こんなフザけた大臣に「不要」と言われた学芸員がふびんでならない。

「山本幸三」をもっと詳しく