17日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送)で、ナインティナイン・岡村隆史がデートパターンを非難され逆ギレした。

10日の同番組で岡村がデートで2軒目にいく必要はないと明かしている。そこで番組では、20代、30代の女性100人に2軒目デートをめぐる是非を調査した結果を紹介した。それによると、2軒目の「アリ」が83人、「ナシ」が17人だった。

この調査結果に、岡村は「間違ごうた」と2軒目を誘わない自分の過ちを認めた。なるみからも「今まで一杯無駄にしてると思うで」「咲かそうとしていた花を自分で踏んでたで」と指摘され、岡村は「『2軒目』という概念がなかった」と反省の色をみせていた。

ところが、なるみからデートが1軒目で終われば、交際には繋がらないと指摘され周囲も同意すると、アウェー状態となった岡村は徐々に不機嫌になっていった。

さらに、2軒目に誘われなかった女性のその後をなるみが推測する。おそらく2軒目に誘われなかった女性は友達を呼びつけた挙句、岡村について「こんなことある?」「ありえへん」という会話をしているだろう勘ぐると、それがさらに岡村を追い詰めることになった。

岡村は、2軒目に誘われないだけでこんな仕打ちを受けるのかとキレ気味になり「そんな悪口言われんの?」「クソみたいな世の中になってしまったな!」と語気を強めてまくし立てていた。

【関連記事】
岡村隆史が一般人の行動に不快感 同業者を呼び捨てにされ
岡村隆史 ゆとり世代の後輩芸人に受けた衝撃「俺らなんか古いねんで」
岡村隆史 食レポで「一番やったらアカン」タブーを犯す