最近、芸能人が不祥事で長期謹慎するケースが増えている。そんな中にあって異質な存在感を放っているのが、ロックミュージシャンのGACKTだ。元スタッフのトラブルばかりではなく、最近も元女性タレントとの醜聞が報じられるなど、常にスキャンダルが絶えない。それでもテレビに出演し、イベントにも登場、CDも順調にリリースしている。何物にも影響されない、彼の特異性は一体どこからきているのか。
 
 まず、意外と大きいウェイトを占めているのが彼の「ビジュアル」だろう。サングラスに低いトーンでの話し声。そして何を考えているかわからないミステリアスな空気感。サングラスをしているのは目の色素が薄く、まぶしいと物が見えにくくなるためだというが、それが図らずも彼の近寄りがたいオーラを作り上げている。

 つまり、さまざまな理由で活動自粛を余儀なくされてしまうタレントとは「真逆」で、「何があってもおかしくない」イメージがGACKTにはあるため、どんな報道でも意外性に乏しく、バッシングが過度に大きくならないのだ。

 そんな孤高のポジションにあるGACKT。そのキャラクターがずっと一貫していることが、過去の発言からもよくわかる。

 ロックバンドMALICE MIZERのボーカルを経て、1999年からソロ活動を始めたときの雑誌のインタビューでは、「ソロとバンドの区別はなく人はずっと孤独なもの。ソロがどう、バンドがどう、っていう区別は僕にはなくて、僕は僕っていう、それだけに過ぎない」と、自らも、孤高であろうとする姿勢が見て取れる。
 
 2006年3月の女性週刊誌のインタビューでは、「僕は悪意も善意も両方ともにすごい量を持ち合わせている大きな子なんだと思う。僕はめちゃくちゃなんだよ。危険分子というやつだね」 と、ダークな部分を持ち合わせている自分を隠さない。

 次々と報じられるスキャンダルにも、彼自身まったく動じていない。その原点はソロデビュー当時にあった。雑誌のインタビューで、当時についてこう回顧している。「バンドを経てソロになる前後はぐしゃぐしゃの状況。新しい事務所ともトラブルが絶えず、ソロとしてのスタートを切らないと、と焦っていた。でもすべてのトラブルを楽しめるようになった」と強いメンタルが醸成されたことを明かしている。

 そんなメンタルの強さは、スキャンダル後の余裕の対応にもよくあらわれている。3月2日に出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、週刊誌に報じられた元女性タレントとの関係について、「いい関係にはなっているんですよ」などとあけすけに語り、司会のダウンタウン・浜田雅功につっこまれていた。

 そんな浮世離れした独自のたたずまいが、スキャンダルものみ込んでしまう彼の魅力を作り上げていると言えそうだ。

 その一方で、人間・GACKTが垣間見える瞬間もある。 

 2009年の初登場以来ほぼ毎年出演している人気特番『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)。これは数名の芸能人とチームを組み、一流の物と安物を見分ける企画、だが、GACKTはワインや牛肉の味、またバイオリンの音色、さらには映像演出の巧拙と、味覚、聴覚、視覚とあらゆる感覚が問われる問題ですぐれた成績を残している。

 だが昨年の放送では、一緒に組んだタレントが不正解を出し、チームでの連勝記録は39でストップ。GACKTはその瞬間放心状態になり、これまでの強気が嘘のように「ヤバい、涙が出てきた」「心弱い、ぼく……」「つらいななんか」「いやー、つらっ」と情けない発言をしていた(個人での連勝記録は48に伸ばし、不敗神話が続いている)。

 ときに人間味を出しながらも、すべてを超越している――GACKTは、そんな稀有なタレントかもしれない。(芸能ライター・飯山みつる)

外部リンク

「GACKT」をもっと詳しく