16日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるず・木梨憲武の無茶振りに、スタッフが呆れ果ててぼやく場面があった。

番組では「木梨憲武の日本一の旅 第2弾」と題し、木梨が東京・浅草で出会った一般人カップルを誘い、日本一のラーメンを食べに行く旅に出かけた。

当初、日本一のラーメン消費量を誇るという山形県のラーメン店に向かう予定だった。ところが木梨は、カップルを連れて東京観光をはじめてしまう。収録がしばらく進んだところで、見かねたスタッフが「観光になっちゃってるから」「ノリさん、そろそろラーメン行きましょう」と声をかける。

すると木梨は「ラーメンのくだりとラーメンの撮れ高なんだけど…」「マッコイ行ってきて!」と、山形県出身のディレクター・マッコイ斉藤氏に、本来の企画を丸投げしたのだ。

マッコイ氏が「俺イヤだよ!俺イヤだよ!」と全力で拒否をするも、木梨はマッコイ氏を叩き「お前の故郷だろ!」「故郷でナンバーワンのラーメンを食べて食レポして」「マッコイと(カメラマンの)秋山と行って!」と無茶振りを続けた。

木梨のまさかの提案でスタッフ一同は大慌て。その場にスタッフが集まり、打ち合わせをはじめる事態に。マッコイ氏が「憲武さん行きましょう?」と懇願するも、木梨は「(早く山形に)向かって、間に合わなくなるから」「申し訳ないけどマッコイね、従って!」と強い口調で命令し、笑いを誘った。これにはマッコイ氏も苦笑しながら「なんでちょっと怒ってるんですか」「意味わかんない」とツッコミ入れる。

何を言っても受け入れようとしない木梨の様子に、マッコイ氏はしぶしぶ山形に向かうことに。そんなマッコイ氏に木梨は「せっかく地元に帰るから、自分家の墓参りまで撮影して」「(食レポと墓参り)ふたつやらないと、せっかく行くんだから!」と、さらなる指示を出す。マッコイ氏は「頭おかしいよ…」とぼやきつつ木梨と別れ、およそ3時間かけて山形に移動した。

一方で木梨は、自身の手作りラーメンで一般人のカップルを喜ばせた後、なんと、カップルの地元の岡山県に移動して自宅まで送ったのだ。木梨からテレビ電話で岡山にいることを聞いたマッコイ氏は「だったら山形来れたじゃないですか」と呆れ果てた。

ちなみに東京から山形までは約400km、東京から岡山までは約600kmの距離があるため、木梨は山形よりも遠方に出かけてしまったことになる。

【関連記事】
木梨憲武 生放送中の「ノンストップ!」に一般人カップルを連れて乱入
とんねるず・木梨憲武の一言でロケ先が次々と変更になる珍事
木梨憲武がIKKO所有の2500万円もする超高級毛皮コートの毛をむしる暴挙

「木梨憲武」をもっと詳しく