ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。さまざまな番組で司会を務めるお笑い芸人です。

バラエティ番組の枠に収まらない活躍で、自身のTwitterアカウント(@atsushilonboo)では、政治や社会問題に鋭く切れ込んだ発言をすることもあります。

そんな淳さんが2017年3月9日にツイートした「先生たちへのメッセージ」が話題になっています。

「その通り」という完全同意の意見から、「何も知らないクセに」という反論まで多くのコメントが寄せられた投稿とは、一体どのようなものなのでしょうか。

ロンブー淳が先生に「自分で見たら?」

辛辣な教師批判に賛否両論

それでは、さまざまな意見が集まった淳さんのツイートをご覧ください。

皮肉に満ち溢れてる!!!

かなり辛辣な表現で「退屈な授業をしている先生」を批判しているように感じます。

確かに「授業をやったという事実さえあればいい」と言わんばかりに、黙々と授業を進める先生もいるのでしょう。

そんな先生に「生徒が授業で寝てしまうのは先生の授業が退屈だからですよ」というメッセージを送った淳さんに「よく言ってくれた」という多くの声が集まります。

賛成意見

先生だって自分の授業で寝ずにはいられない。授業とは言え、生徒を引き付ける努力をすべきホントこれな。生徒のことを全く考えていない先生っていますよね私は先生のおかげで勉強が好きになったタイプだからなぁ。でも、伝えようという気持ちのない先生が行う授業は、正直退屈

「先生側の努力が足りない」という意見が、淳さんのツイートを肯定する人たちに共通する想いのようです。

一方、「教育現場で働いた経験もないクセに」という批判的なコメントがあったのも事実。

反対意見

塾講師のように「個別指導」をしているワケじゃない。黙々と授業をするのは多くの生徒に学んでもらうための手法の1つなんです例えどんなに退屈な授業であっても授業中に寝るのは生徒の問題。退屈な仕事なら、就業時間中に寝ていいってことにはならないでしょ何様なんでしょうか。教育現場のことを何もしらないのに。全国の先生に謝るべきです

確かに、淳さんのような芸人は「相手を楽しませ、笑顔になるような話をすること」が仕事です。

授業だって、面白おかしく行うことで生徒の興味を引くことができれば、もっと勉強に身が入るのではないかと考えても不思議ではないでしょう。

しかし、先生はエンターテイナーではなく教育者です。得手不得手もあるでしょうし、そもそもどういう授業をするかは大した問題ではありません。

最終的に「生徒にきちんと伝わっていること」が何よりも大切なのです。

そのための1つの手段として「楽しい授業」があることに異論を唱える人はいないはず。ただ、そんな意見が畑違いの場所から寄せられたとすれば、拒否反応を示してしまう教師がいるのも仕方ないのかもしれません。

多くの賛否の意見が寄せられた淳さんのツイート。結果的に「授業とはどうあるべきか」を考え、議論する良いキッカケになったのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]

外部リンク

「田村淳(ロンドンブーツ1号2号)」をもっと詳しく