今最も注目される若手女優・広瀬すず(18)が、主演映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃたホントの話〜』の公開でPRの為に公の場に登場する機会が増えている。しかし、それに伴いアンチファンからのバッシングも過熱している。広瀬の「あざとさ」について相次いで批判の声が噴出しているのだ。

 先月20日にゲスト出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、ピンヒールを履いて登場した広瀬が、足下をぐらつかせながら登場するシーンが放送された。そのおぼつかなさに加えて広瀬は「ピンヒールをほぼ履いたことがない」とコメント。番組ではカワイイと歓声を浴びたものの、ネット上ではその言動に疑問の声が囁かれた。その理由は、昨年出席したファッションイベントや舞台挨拶などで、高いピンヒールで歩く広瀬の姿が多数目撃されたからだ。そのため、この広瀬の言動に噛みつき「計算高すぎる」「カワイイ自分アピール?」といった批判が挙がることとなったようだ。

 広瀬は過去にも数回、バラエティ番組のトークで視聴者からの怒りを買い、炎上した過去がある。最近では、出演作品をきっかけに、共演者俳優のファンからバッシングを受けることが以前よりも目立っているようだ。

「広瀬の発言もそうですが、若手女優の“か弱さ”を匂わせる発言は“あざとい”と、たびたび炎上の原因となります。そういった言動は、男性にこびているようにも見えるため、特に異性の共演者のファンから反感を買っているようです。しばらくは何をやっても炎上状態が続くことになりそうですね」(芸能記者)

■人気歌手も標的に

 また近年では、少女コミックなどの実写化作品が増え、若年層向けの恋愛映画では、イケメン俳優と若手女優の共演が多く見られる。そんな中、広瀬と同様に“あざとい”とバッシングを受けているのが、女優の土屋太鳳(22)だ。

「土屋は、特に共演することが多い俳優の山粼賢人(22)のファンから目の敵にされているようです。土屋はブログで『撮影現場で恋愛はしない』と書いていたにも関わらず、山粼とあっさりと恋愛の噂が立ってしまいました。PRで登場した二人の仲の良い感じは、こちらが見ていても照れてしまいそうなくらい、恥ずかしい感じがありました」(前出・芸能記者)

 特に土屋は若手イケメン俳優との共演が多いこともあり、その他の共演者ファンからも、“あざとい批判”が噴出することがあるようだ。そしてもう一人、音楽界から新たに噛みつかれている人物がいる。

「シンガーソングライターのmiwa(26)も、標的にされることが多くなっています。彼女は先月公開された『君と100回目の恋』で、俳優の坂口健太郎(25)とW主演を務めたこともあり、坂口ファンからの怒りをかいました。二人で『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際、トーク中に手を合わせたり、歌唱中にmiwaが坂口を見つめる場面がありましたが、これが原因で坂口のファンから攻撃される事態になりました」(前同)

 一つ一つの言動にあざとさが指摘される彼女たちだが、逆に言えば、女優や歌手としての人気がある証拠なのかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

外部リンク