10日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志浜田雅功が、自分たちの芸風を分析した。

番組では「本音でハシゴ酒」の企画で、ダウンタウンのふたりと坂上忍、福田彩乃が、東京・赤坂の料亭を舞台に、自民党参議院議員の片山さつき氏と本音トークを繰り広げた。

政治家の暴露話が続いたトークでは、片山氏がダウンタウンのふたりに「逆に聞きたいこともあるんですけど」「ずっとお笑い業界のトップクラスにおられるけど。やっぱり、世の中の流れを読めなければ面白くなれないじゃないですか。それって、何で読み取ってるんですか?」と尋ねた。

この問いに、松本はしばし考えて「僕は、世の中の笑いの流れは読まないようにしてますね。読んで読み切れるものでもないんで…」と答えた。浜田も「この人(松本)がネタ作りますけど。我々がやってた漫才って、流行ってるもののことって一切ないんです」「自分らがオモロイと思ってることをしゃべってるだけで」と補足した。

続けて浜田は「最近の子って、流行りのことをバンバン取り入れてやってるから。僕らの中では考えれない」といい、ジェネレーションギャップがあることも明かしていた。松本も、「多分、時代を意識しないほうが良いと思ってやってきたんでしょうね」と、自分たちの芸風を分析していた。

【関連記事】
松本人志が元カノとの番組共演を告白「プロだから何もなかったようにする」
松本人志 和田アキ子の「パワハラ」を擁護「ある種、必要悪」
松本人志がアジアン・隅田美保のツッコミを勘違い 顔イジりで「真剣に怒ってた」

「浜田雅功」をもっと詳しく