2日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が、厚切りジェイソンに米国への帰国を促した

番組では「厚切りJが激白!外国人タレントの苦悩」と題し、厚切りジェイソンの発言を取り上げた。厚切りジェイソンは2月19日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、日本文化を称賛する番組や日本の社会システムに困惑している
ことを明かしている。

さらに厚切りジェイソンは、自身の娘3人の教育について「キャリアを持ちたければアメリカのほうがいいと思います」「アメリカで成功するには、アメリカで教育を受けたほうがいい」「『早くアメリカに帰ったほうがいいかもしれない』と思うときもある」と、日本社会システムに対して苦言を呈したとのことだ。

すると坂上が、「じゃ、帰ればいいじゃん!」と言い放ち、スタジオの笑いを誘っていた。

これにはフットボールアワー・後藤輝基が「『そういうの考えると帰ったらええんかな』という見解ですよ」とフォローし、米国国籍を持つがREINAも「日本は男女の格差が激しい。教育の段階で格差がある」「私も子どもを産んだら絶対アメリカで育てたいと思いますね」と、厚切りジェイソンの考えに理解を示していた。

【関連記事】 
坂上忍 離婚騒動渦中のアンジェリーナ・ジョリーに呆れ「最低の女」
坂上忍が堀北真希の芸能界引退発表に本音「興味ない」
坂上忍 同い年の三浦知良を称賛「迷惑」「こっちはもうブヨブヨ」