2009年7月7日、全世界に中継されたマイケル・ジャクソン(享年50)の追悼式。金髪のお人形のような少女がマイクの前に立ち、泣きながら、しかし毅然としてこう語った。

「私がこの世に生まれてからずっと、父は誰から見ても最高の父でした」

 あれから8年──18才になったパリス・マイケル・キャサリン・ジャクソンの衝撃のインタビューが大きな波紋を呼んでいる。米カルチャー誌『ローリング・ストーン』の最新号に掲載された大特集『パリスが沈黙を破った』である。

 モデル、女優として活躍するパリスは兄・プリンス(19才)いわく「彼女はほとんど父親そのもの」というほど色濃くマイケルを受け継ぐ。そのパリスが初めてメディアで半生を告白した。

 彼女が『ネバーランド』に住んでいたのは7才の頃まで。遊園地に動物園、映画館もついた夢の国に暮らしながら、父がスーパースターであることも、名前がマイケルだということも知らなかったという。学校に行かずに自宅学習をしていた子供たちにとって遊び相手は父だけだった。しかし、11才の時に父が他界。私立学校に7年生から編入した。

《早く大人になろうとしすぎて、13、14、15才の子供がやってはいけないことをいろいろやってた。いい人間ではなかった》

 インタビューで学校生活を振り返ったパリス。14才で《かなり年上の“見知らぬ他人”》からレイプ被害にあったことを明かした。

《細かいことは話したくない。でも悲しい体験だったことは確か。とても辛くて、誰にも言えなかった》

 2013年6月、当時15才のパリスが手首を切り、20錠の鎮痛剤をのんで自殺を図ったというニュースが報じられた。

《自分を大切に思えず、何もできないように思えて生きている価値なんてないと感じたの。(中略)たまたま、あの1回が公になっただけ》

 彼女は当時の報道を振り返り、自殺未遂を複数回繰り返していたことも明かした。米芸能事情に詳しいデーブ・スペクター氏が語る。

「パリスの個性的なファッションも過激な発言も“マイケルの子供”ということで大目に見られてきた。でもこのインタビューは違う。話しすぎというレベルです」

 インタビューで彼女の半生よりも衝撃を与えたのは、パリスが踏み込んだ“自らの出自”と“父の死の真相”についてだった。

 パリスはマイケルと2番目の妻、デビー・ロウ(58才)の間に生まれた。しかし、肌が白く、「マイケルの子に見えない」と長く血縁関係が疑問視されてきた。ロウ自身がマイケルの死後、「第三者の提供した精子で生まれた」と発言している。

 今回のインタビューで、パリスは根深い疑惑に対し、単刀直入にこう答えた。

《マイケルは私の父よ。これからもずっと、私の父。そうでなかったことは決してないし、そうでなくなることも絶対にない》
《私は自分を黒人だと思っている。ある時、父は私の目を見て、私を指さして、“きみは黒人なんだ。自分のルーツに誇りを持ちなさい”って言ったの。父がそう言うんだもの。父が嘘をつく理由なんてない。私はただ、父に言われたことを信じている》

 パリスの言葉の重さを、在米ジャーナリストが補足する。

「白人か黒人か、という人種論争に巻き込まれてきたパリスは、DNA鑑定されるのを避けるため、美容室で切った髪の毛を1本残らず持ち帰ると言われています。その彼女が、マイケルを実父だと明言し、黒人の誇りまで告白した。相当の覚悟があったのでしょう」

 8年前と同じく、パリスは父への愛を述べたのだった。前出のデーブ氏が語る。

「マイケルが子煩悩で、パリスにものすごく愛情を注いでいたことは事実だと思う。でも正直なところ、アメリカでは“マイケルと血は繋がっていない”という見方がほとんどなので、パリスの言い分を信じる人は少ないのが現状です。彼女の言葉には根拠がありませんから。そもそも、なぜ今さらこの話題を持ち出したのか、首を傾げている人も多い」

※女性セブン2017年2月16日号

外部リンク