あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。

前回、サッカー解説者の松木安太郎さんからご紹介いただいた第23回ゲストは元プロ野球選手で東北楽天ゴールデンイーグルスの前監督・大久保博元さん。

現役時代からデーブ大久保の愛称で人気となり、野球解説者、タレントとして活躍。コーチで現場復帰後、紆余曲折の末、楽天監督に就任するも昨年1年で退任。今は東京・新橋で「肉蔵デーブ」を開店し自ら厨房に入る波瀾万丈な人生…。

前編では自ら辞して「野球人としての命を絶った」という監督での1年間などを忌憚(きたん)なく話してもらったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―でも楽天の監督を引き受けられた時に、正直どっちかだと思ったんです。若手の多いチームがデーブ効果でものすごくいい方向に一気に変革して優勝するのもあるかと…。

デーブ 去年もケガ人いっぱい出て、二軍のコたちが多かったですからね。そいつらがミスしても俺が消してあげたいっていう思いはありましたし。結局、野球もさ、いろんな失敗を見ていくスポーツですから、まず自分がちゃんとしなきゃいけないって。選手たちにも自分を持ちなさいって、それは伝えてさ。

―指導方法、理論もそうですし、キャラクターも含めて、新しい監督像をデーブさんだったら作れるのではという。まぁそこで田中将大(まさひろ)選手がメジャーに移籍したり、戦力的に落ちて厳しいところを背負った感もありますが…。

デーブ でもさ、それも含めて、あの戦力じゃ勝てねえよっていう人は、どの戦力であっても勝てないですよ。そんなのはケガ人も含めて監督の裁量、器量で、そこに戦術だってあるわけだから。

―確かに。でもそう言えるのがまた潔(いさぎよ)さなのかと。ご自分では本来、二軍監督やコーチであったり、サポートする立場が一番向いてると仰ってますよね?

デーブ そうです。僕は神輿(みこし)担ぐほう。担がれるよりね。けど、それも運です運、全部。しかも永久追放みたいに1回辞めた人間がね、監督までやらせてもらって。

だから、命かけるって言ってやりきったし。やっぱり明るかったら運がくるんですよ。起きちゃったことはしょうがないんで、それを人のせいにしてるんじゃなく、割り切ってね。

―まぁでも、もう少し長くやってもらえればっていう惜しい気持ちが…。ちなみに、最後に三木谷会長から何か言葉をかけられたりは?

デーブ 「また飲みに行こうね」って言ってくれましたよ。

―普通にそんな友達みたいな感じで(笑)。たまに飲んだりもあったんですか。

デーブ そうですそうです、普通に。カラオケボックス行ったりね。僕の中では普通ですよ。会長からの年賀状にもわざわざコメントいただいて。ありがたいですよね。

―ビッグカンパニーのトップでありながら、意外やフラットにお付き合いしてくれて。

デーブ 素晴らしいです。だから本当にそういう愛情もある人なのに、マスコミとか周りに三木谷会長が現場に介入みたいな言われ方したのも嫌でしたね。別に介入して何が悪いのって思ってるし。ちゃんと東大の統計学の先生とかも入れて、そこで話してるからね、会長たちは。

で、その中の打順が数字でいうとこれがいいんだけどっていうものを出してくれるわけですよ。決めるのはコーチと俺だけどってね。

―なるほど。最終的な決定権まで強制介入されてということではなく。アドバイスというか参考にしてくれと。

デーブ そう、塁に出して得点能力がある(松井)稼頭央とかを2番に置いておいたら点が取りやすいんじゃないか、とかね。まぁそれで、お互い感情的になって言い合う時もあったし。「俺、会長辞めるからよ!」、「じゃあ俺も監督辞めます!」なんてこともありましたけどね。

―ええっ!?、会長を辞めるってやりとりまで!(笑)

デーブ そのくらい愛してるんでしょ、野球を。はっきり言って、俺らより見てますから。試合終わって、4回か5回、全部見てるらしいっすよ、秘書の人曰く。何回も何回も、気になった場面は100回でも見るらしいですから。

―あんな忙しい立場の人がそこまでですか…。

デーブ 寝ないで見てるから。で、4時とか5時にもメールがくるの。それぐらい気にしてね。まぁ喋ってたらわかりますよ、よく見てるなって思うし。

―ほんとすごいですね。ここまで見てくれているんだっていう、本気を感じるでしょうし。

デーブ だって、飛行機に乗ってる時もTV見れないからって、ネットかなんかで球場にいる本部長が会長に状況報告入れてるって言ってたもん。1アウトランナー1塁、バントしました、成功とか…。お、いいね!って。飛行機の中も寝ないで試合をイメージして。ありがたくないですか?

―恐れ入りますね。誰も何も言えなくなりますよ…。

デーブ で、金も出してくれますからね、言えば。「会長、こういうのやったほうがいいですけど、どうですか?」、「入れよう入れよう。いくらなの?」、「2千万ですけど」、「じゃあ入れちゃって!」みたいな。はははは!

―実は去年の4月に二軍のグラウンドがある利府に行ったんですよ。新しく設立した中学生年代の「楽天リトルシニア」が球界初ということで、取材しに。それこそ、三木谷会長がサッカーのバルセロナユースみたいな組織は作れないのかっていう話から始まったプロジェクトということで。

デーブ そういうのもさ、最初やる人は叩かれるの。でも気にしてないですもんね、大物になる人は。結局、人を叩くことしかできないのが他にいっぱいいるから、始末が悪いんだけど。

マスコミもさ、足引っ張ることじゃなくて、もっとみんなで盛り上げよう!って、いい話すればいいじゃんって思いますよ。プロ野球が面白くないとかダメになったって、みんな自分らで自分の首締めてさ。この開幕前だって、どんだけあの野球賭博でやってるの?って。

そりゃ、やったことは悪いんだって。けど、そればっかりね、毎日毎日報道してたら、どんなラーメン屋でもさ、マスコミ全員にまずいラーメンだなんだって書き続けられたら行かなくなっちゃうでしょ。

―そこにまた文句言えない雰囲気も作られて。道徳的に過ぎて不寛容な風潮が助長されてる感はありますよね。裏カジノや賭博は論外として、選手間でのちょっとした賭けまで一緒に断罪されるのも…。

デーブ じゃあ自分の子供がテストで100点取ったら500円やるよっていうのもダメってことじゃん? 記者だって内輪で絶対やってると思うもん。どこが優勝するとかさ。みんなやってるでしょ。

―そこまではおかしいんじゃないかって、その線引きをちゃんと問題提起できる場すらなくなってる印象ですよね。

デーブ 僕が許せないのは、野球人が野球に賭けたっていうのは絶対許せないんですよ。例え、草野球であっても、野球っていうものを賭け事の対象にするのは僕にはわからない。だけど、選手会で声出しして、勝った人がみんなからお金もらってるのを別に隠してるわけじゃないしさ。

ノックでエラーした奴とか、誰かがバット折るとみんなチャリーンって言ってね、笑うんですよ。「いくら?」、「5千円」とか言って。だけど、実はそのお金って、オフに裏方さんとかマネージャーを納会呼ぶのに会費を集めてたりするのもあるんですよ。それ悪いすか?って。

それが楽しみな裏方いっぱいいますよ。ゴルフやって宴会して、いい旅館で、いい食事をってさ、日頃の感謝のお返しにってね。これ全部自腹で出したら、大概なお金ですから。

―そういうのを全部一緒くたにして、何もできなくなる傾向が顕著(けんちょ)なのかと。ますます世知辛いですよね。

デーブ なんか俺もわかんないけどね。ネットで炎上とか、なんなのそれ?って。ほんと暇なのかね、みんな。

―えてして、ネガティブなことをぶつけたい、ディスりたいという人間がより、書き込んだりして煽(あお)ってるきらいはありますが。

デーブ 結局、人の悪いこと、ダメだって話は3日でも4日でもできるからね。この店やる時、周りがお袋にも無理だとかなんだとか吹き込んだみたいで。母ちゃんが心配しちゃって、やめろって泣いて電話かかってきたから。で、無理に決まってっぺよって話はいくらでもみんなできるけど、成功するって話はしねえからって言ってね。絶対できるって自分が言ってたら成功すんだって。

―それも、とことんやって研究して、本気で取り組んでこそですよね。やりたいことだからこそ頑張れるのもあるでしょうし。

デーブ そうそうそう、もう昨日だって、ほとんど寝たのは4時半で、今日は8時に起きて掃除して、モップかけて。ランチも始めたばっかりだからね。

―今日も昼間っから普通に店にいらっしゃって、仕込みの格好ですもんね(笑)。

デーブ 調理場入ってね。ランチは昨日15人しか入ってないけど。つけ麺やった時だって、最初始めて4人か5人だったの。それが最後100人になったからね。食えばウマいもんなー! だから、うちは宣伝いらないの。来てくれて、食ってウマいと思ったらまた来てくれるから。

―そのほうが味や店の雰囲気をわかってくれる人が集まるでしょうし。

デーブ そうです。絶対そのほうがいいと思う。前もそうだったですから。

―デーブさんがこういうお店始めてって、それだけで皆さん来られてね。松木さんが外で飲んでるぐらいですから、混みすぎても大変ですけど(笑)。

デーブ そうです、ぐちゃぐちゃになって。でもそういう自分のコミュニティーでやれる店がいいんですよ。で、うちで飲む人は男気ジョッキね。お得なんですよ、1リットル入るんだから。全然お得!

―この壁の品書きはデーブさんの字ですか?

デーブ これ、男気ジョッキは僕の字で、この細い紙のキレイな字は安部理(おさむ)さんです。ライオンズの先輩の。

―安部さん? 東北高校出身のですよね。私が仙台出身なんで高校時代に“東北の掛布”と呼ばれていた頃から知ってますが。引退後、楽天や西武でコーチもされてましたよね。

デーブ 安部さん、今うちの会社に入ってもらって。今度、(デーブベースボール)アカデミーの札幌校も出したんですよ。主にそっちを見てもらってるんですけど。この間も店に来て、やっぱりプロ野球選手は勘がいいんですよ、肉の筋取りもできるようになってさ。で、字がキレイだからこれ書いてもらって。

―そんな感じでセカンドキャリアも含めて一緒にいろいろやられてるんですね。

デーブ 高木豊(元横浜ベイスターズ、野球解説者)さんも俺に刺激を受けたみたいで、札幌でラウンジ出しましたけどね。あ、それは関係ないか(笑)。

―ははは、それもいい刺激ですね。でもほんと店の雰囲気もいいですし、混まないうちに今度、個人的に飲みに来させていただければ。

デーブ 店のそっちはバーにしてるから飽きなくていいですよ。バーはバーでも、いないいないばあ!ってね(笑)。

―ははは、こんな感じでデーブさんがいるのもお客さんには嬉しいでしょうね。

デーブ 別に自分がこっちで相手しなくても、みんなね、不思議なもんで、最初は「あ、デーブだ!」ってなるけど、2杯目ぐらい飲んだら、いるかいないか気にしてないですから。自分たちの話になってるからさ、もう基本はずっと厨房にいますよ。

―でも、たまには「デーブさん、1杯どうぞ」って言われて、座って相手したりも?

デーブ いやでも、サラリーマンとかにそう言われてさ、「おまえら、いくつなの?」、「32です」みたいなね。年下にご馳走になるわけいかねえし、俺に600円払うんだったら、自分らでもう1杯飲みなって。で、乾杯はするからって、自分で1日1万円は売り上げ出してますもん(笑)。

店のみんなにも言ってるけどね。店長の客が来たら、店長が奢(おご)ってやれって。年上からは奢ってもらっていいよって話だけど。

―では、この「語っていいとも!」の連載1周年祝いもここでさせてもらいます(笑)。

デーブ 大体、飲んで食って、ひとり6千円ぐらいですね。焼肉屋で安くないですか? ほんといい肉入れてますもん。タレだってさ、僕が今まで行ったプロの店のいいとこ取りですよ。

―ほんとプロ野球選手は皆さん全国各地で美味しいお店を知ってますもんね。ただ結局、勘定で高くつくのは酒なんですけど…どんだけ飲むかっていう(笑)。

デーブ それはさ、ぶっちゃけ、飲食は酒ですから。儲(もう)けるのは、ははは。

―では、そろそろお友達をご紹介いただければと…。たくさんいらっしゃると思いますが。

デーブ 多くはないけど、濃いですよ〜。まぁ、江本先生でいいんじゃないですかね。江本(孟紀)さん。僕、エモ党幹事長ですから、自称ですけど(笑)。

―それはまたご縁が繋がるというか…江本さんにも週プレではだいぶ以前からお世話になって。コラムもやっていただいたり、大阪知事選に立候補された時もインタビューさせてもらいました。

デーブ 僕、応援行って、選挙カーの運転しましたからね。高さがわかってなくてさ、千里阪急の屋根にぶつけちゃったけど(笑)。

―それもすごい体験ですね(笑)、なかなか選挙カーを運転しないですよ。

デーブ 先生、本当面白いですよ。今でも変わらないからね。CSのプロ野球ニュースでさ、あの人しか言えないですもん、あんな思ったことね。僕でも言えない。で、それが正論ですから。

―もう、なんと来年で70歳という…でも変わらず意気軒昂(けんこう)で?

デーブ 前より磨きがかかってる。カッコいいですよ。老けないです! ハーレー乗りまくってるしね。ハマっちゃったみたいで。

―ハーレーですか! それはますますダンディに…。

デーブ ダンディです。それで優しいからね。そりゃ、一緒にいたら女のコなんてみんなあっちにいきますよ(笑)! ただ、言うことはぶった斬るからなー。

―ははは、まだお店には来てもらってないんですかね、江本さんは。

デーブ まだ来てないです。先生、待ってます!

―では、メッセージはそれですね。来ていただければとお伝えさせてもらいます!

●第24回は5月29日(日)配信予定! ゲストは元プロ野球選手・参議院議員の江本孟紀さんです。

●大久保博元(デーブ大久保)

1967年2月1日生まれ、茨城県出身。水戸商業から84年にドラフト1位で西武入団。92年に巨人移籍後、ケガにより95年にプロ野球から引退。解説者、タレントとして活躍後、08年に打撃コーチとして西武に復帰。12年からは楽天の打撃コーチ、二軍監督となり、14年には星野仙一監督の後任で一軍監督に昇格。昨シーズン終了後、退任し、現在は新橋に居酒屋「肉蔵デーブ」を開業、ほぼ毎日厨房に立っている。自身が代表を務める「デーブ・ベースボールアカデミー」で講師としても活動中。http://www.dba-school.jp/

(撮影/塔下智士)