テクノポップアイドル・Cupitron(キュピトロン)が5月25日(水)、ゴダイゴの「銀河鉄道999」をカバーしたシングルをリリースする。その衣装を「銀河鉄道999」原作者・松本零士が担当することが明らかになった。

【写真を見る】Cupitron、松本零士と対面!/(C)Leiji Matsumoto (C)ZERO Goods universe

「銀河鉄道999」は松本によるSF漫画。ゴダイゴが歌う「銀河鉄道999」は、'79年に公開された同名映画の主題歌に起用された。

松本がビジュアルクリエートを担当するのは今回がキャリア初で、衣装デザインをはじめ、全面的に指揮、協力している。“デジタル世界の妖精”をイメージしたという衣装は、松本らしさがあふれる柔らかなラインのワンピースで、腕には松本零士デザインの時計も。

この衣装を着用して踊る「銀河鉄道999」は、作品の感動的な世界観をそのままに、カラフルポップなCupitronらしいテクノサウンドでアレンジされた、これまでとは一味違うカバーチューンとなっている。

4月17日(日)には、東京・北とぴあのドームホールでお披露目ライブを開催。ライブには松本も登場予定で、生の声を直に聞ける貴重な機会となる。

また、「銀河鉄道999」はTBS系「ランク王国」の4・5月度エンディングテーマにも決定している。