Xperia Z5のdocomoロゴが消える話題の背面保護シートを紹介!
NTTドコモの最新エクスペリアスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SO-01H」に貼ると背面の気になる「docomo」ロゴが消えるとAmazon.co.jpのレビューなどで話題の裏面用保護シート「OverLay Protector for Xperia Z5 SO-01H / SOV32 / 501SO」を入手しましたので、実際に貼って試してみました。

本当にdocomoロゴが消えるんでしょうか!?また、ついでに他のXperia Z5ではどうなのか、auの「Xperia Z5 SOV32」でも試してみたのでまとめて紹介します。


NTTドコモ版「Xperia Z5」には背面の中央に「docomo」ロゴが挿入されています。もちろん、海外版でも同じ位置に「SONY」のロゴがはいっており、ただでさえこのロゴによって本来のデザイン性が損なわれるというのに、今回のXperia Z5の「docomo」ロゴにはさらに妙な光沢もあり、とても目立ちます。

しかも質感はビニールのそれで、せっかくフロストガラスによってスベスベとした気持ちの良い手触りなのに、ロゴの部分だけペトッと指に貼りつくような感触がして、使っていて物凄く違和感を覚えていました。

そんな中、ミヤビックス製背面用保護シート「OverLay Protector for Xperia Z5 SO-01H / SOV32 / 501SO」がAmazon.co.jpのレビューなどで「docomoロゴが消える」と好評だったので、実際に今回試してみることにしました。


パッケージはこのような感じでシンプルです。なお、商品名からも分かるとおり、NTTドコモ版のほかにau版とSoftBank版に対応していますが、”キャリアロゴが見えなくなる”という効果はどうやらNTTドコモ版でのみ発揮されるようです。ソSoftBank版にはそもそもキャリアロゴが入っていません(本来ならNTTドコモ版もau版もそうなってくれれば一番良いのですが)。


シートはアンチグレアタイプ(非光沢)となっていて、特殊な素材を3層に重ねることで高い衝撃吸収性能を備えているとのこと。パッケージやミヤビックスの公式Webサイトにおける商品ページには、噂のような効果は特に謳われていません。

あくまで副次的なもののようで、ミヤビックスのM谷社長も「なんで消えるのかわからないんですよねー。でも、おかげでバカ売れです!」(S-MAX編集部談)とたまたまなのに自信満々とのこと。


位置合わせのために重ねてみました。まだこの段階では「docomo」ロゴははっきりと見えます。


実際に貼り付けました。


……。

あ、本当に消えた……!?


はい、本当に消えてしまいました。「XPERIA」ロゴやFeliCaマークなどはそのままで、見事に「docomo」ロゴだけが見えなくなっています。目を限界まで近づけて凝視すると辛うじて名残っぽいものが見える程度残っていますが、普通に見ただけではロゴの所在がまったく分かりません。


見る角度を変えたり、強い光を当ててみたりしても、同様に見えませんでした。これは驚きです。アンチグレアのため、フロストガラス特有の磨りガラスのような質感も大きくは損なわれていません。


試しにau版のXperia Z5でも試してみましたが、確かにロゴは消えません。


この保護シートは今回の目的でもある「docomo」ロゴが見えなくなって見栄えが良くなった以外にもいくつか良いところを発見しました。

ひとつは滑りにくくなったことです。フロストガラスを採用したXperia Z5の背面は実はかなり滑ります。Xperia Z5の筐体は決して小さい方ではないので、特に片手操作の場面では地面に落としてしまわないかと常にヒヤヒヤします。それがこのシートを貼ることで適度な抵抗が生まれ、安定感がかなり増しました。

ふたつめは、シートの厚みによってサイドフレームのエッジ部分が机などの接地面に直接触れなくなったことです。Xperia Z5のフレームは背面パネルよりもわずかに出っ張っているため、机などに置いたまま滑らすとフレームに傷がついてしまわないかと心配になります。しかし、シートを貼るとパネル面がフレーム部よりも逆にわずかに高くなるので、どこかに置いたり、滑らせて位置調整をしたりといったことが気兼ねなくできるようになります。

この他、ペトッという嫌な手触りの「docomo」ロゴに触れなくて済むようになったことやもちろん傷や破損からボディーを護るという本来のメリットも享受できます。

ひとつ気になったのは、シートを貼る前よりも、本当にほんの少しだけ指紋が目立つようになったことです。アンチグレアタイプなのでもともと指紋や皮脂は目立ちにくいのですが、素の状態よりも光を反射するようになったことで、角度によっては指紋が薄っすら浮いて見えます。ただ、これは軽く拭き取ることですぐに綺麗になります。

最近の私は基本的にスマホの表にも裏にも保護シートは貼っていませんでした。それは耐久面を犠牲にしてでも、本来のデザインや質感といったものをダイレクトに体感したいと思っていたからです。

しかし、今回試したこの保護シートは、デザインや質感を極力損なわずに、滑り防止やサイドフレームの傷つき防止、そして、NTTドコモ版のみとなりますが気になっていたキャリアロゴをほぼ完全に隠せるということで、あまりにもXperia Z5と相性が良過ぎます。これだけメリットが多いと、逆に貼らないことが損のような気もしてきます。

上記のようにロゴが消えること以外にも良い点があるので、NTTドコモ版を持っている人におすすめなのはもちろん、au版やSoftBank版などの人もおすすめできると思います。





■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia Z5 関連記事一覧 - S-MAX

外部リンク

「Xperia Z5」をもっと詳しく