26日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、歌手の桑田佳祐を天才と呼んだ。

番組では、今月5日に北里大学特別栄誉教授の大村智氏がノーベル医学生理学賞を受賞し、翌日には東京大学教授の梶田隆章氏がノーベル物理学賞を受賞したことを取り上げ、日本でもまだ無名な天才を発掘した。

冒頭のトークで、進行の阿川佐和子が「たけしさんは、どなたか天才だと思う人はいますか?」と尋ねると、たけしは物理学者なども例に出したが、まっさきに「サザンの桑田さんとかね。大した天才だと思う」とコメントしたのだ。

以前たけしは、桑田が監督を務めた映画「稲村ジェーン」について、自身の映画批評本「仁義なき映画論」にて内容を酷評し、桑田が反論するなどの過去もあった。しかし、たけしは桑田の音楽性などについては高く評価しているようである。

【関連記事】
ビートたけし 無駄を排除するミニマリストを一蹴「文化発展には無駄が必要」
ビートたけし 西島秀俊の俳優業に注文「一回折れてほしい」
ビートたけしが職業によって仕事に対する価値観が異なることを力説

「北野武(ビートたけし)」をもっと詳しく