落ち込んでいるときに、励ましてくれたり、力になってくれたりする人というのは、後々になってもかけがえのない存在になったりするものですよね。それは男性だって同じことだと思います。

気になる男性がいる人は、その男性が落ち込んでいるときにどう接するかが、その後の2人の関係性を大きく発展させる可能性もあるでしょう。

そこで今回は、「落ち込んでいる男性の効果的な励まし方」を紹介します。

 
■「話を聞いてあげる」ことが一番有効な励まし方


「すぐ婚navi」が女性1,241名に行ったアンケートによると、「彼もしくは夫が落ち込んでいる時に効果的だった励まし方は?」との問いに、「話を聞いてあげる」が37.7%と圧倒的に多い回答となりました。

「女性は話を聞いてほしい生き物である」とよく言われますが、実は男性も同じようですね。落ち込んだときや不安なときなどは、その気持ちを理解してもらうことで、少しは安心できるのかもしれませんね。
 

■落ち込んでいる男性が言われると嬉しい2つの言葉

具体的に「落ち込んでいる彼や夫に効果的だった言葉」に関しては、大きく分けて2パターンありました。一つは、「あなたなら大丈夫」や「私がついているから大丈夫だよ」といった「大丈夫」という言葉です。

そしてもう一つは、「きつかったね、しんどかったね」や「私はいつでも味方だよ」といった「同調・認める」といった形の言葉になります。話を聞いてもらった上で、具体的な言葉で励ましてくれたり、自分を認めてくれたりすることが、男性は嬉しいようです。

 

■年上男性と年下男性では効果的な励まし方も異なる

ちなみに、男性が年上か年下かによって、効果的な励まし方もやや違ってくることもわかりました。

両方とも1位は「落ち込んでいる話を聞いてあげる」でしたが、年上男性の2位は「落ち込んでいることには触れず、そばにいる」で、年下男性の2位は「褒める、評価する、楽しませる」という結果でした。

具体的な言葉としては、年上男性には「私はずっとあなたのそばにいるよ」とだけ伝えてそばにいるという声が多く、年下男性には「いつも頑張っていて偉いね」といった敬意を示すような言葉が効果的なようです。
とにかくまずは話を聞いてあげること。そしてその上で、「私がついている」や「味方でいる」などの力強い言葉を掛けてあげる女性が多いようですね。弱っているときは、男性だって少し女性に甘えてみたいという気持ちになるのかしれません。それをわかってあげると、男性の心を掴むこともできるのでしょう。

【参考】
「彼が落ち込んでいる時の励まし方」-すぐ婚navi