4日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)で、日の丸のワッペンにボカシ処理がされるシーンがあった。

番組では、大腸がんを告白し舞台「THE WINDS OF GOD」を降板した今井雅之が、開幕した舞台に登場して挨拶したことを伝えた。「THE WINDS OF GOD」は今井が自ら原作、戦時中のゼロ戦特攻隊がテーマの演劇だ。

VTRでは過去の舞台での今井が映され、降板の今井から想いを託されて代役を務める重松隆志のインタビューも併せて紹介した。

重松のインタビューでは、今井が活躍した「THE WINDS OF GOD」の過去映像が流れた。ところが、CMに入る直前の映像で、特攻隊員を演じる今井の衣装の日の丸のワッペン部分にボカシ処理がされていた。

その後、番組はコマーシャルをはさみ、再び同じ映像が流れたが、ボカシ処理はなく日の丸のワッペンが確認できた。

どのような配慮でボカシ処理が施されたのか詳細は不明だ。

【関連記事】
「※AKB調べ」SKE石田安奈&NMB岸野里香の小道具にボカシ…「血の惨劇」「殺戮」に配慮か
渋谷区の保養所問題に「バラいろダンディ」出演者がヒートアップ
若き日の中居正広、「あの人嫌いだから5話で殺してくれ」と打診

「今井雅之」をもっと詳しく