PM2.5が熊本に…「大丈夫、死にはしない」「我々は生きる掃除機」と皮肉が殺到―中国版ツイッター

5日、中国の深刻な大気汚染が日本に波及する可能性を懸念されている問題で、熊本県では汚染原因とされる超微粒子PM2.5の観測値が、初めて国の暫定指針値を超えるとの推測を発表した。写真は2013年2月末の北京市。

関連画像

  • 13日、環球時報(電子版)は、インドで大気汚染の原因となる微小
  • 「ダスモック」のパッケージ 小林製薬
  • 1日、メーデーの祝日を迎えた韓国で多くの小学校が運動会を予定
  • 13日、台湾の林全行政院長(首相)は、大気汚染の改善に向け、20
  • 予防にはマスク着用を(写真はイメージ)
  • 30日、韓国メディアによると、2007年の1年間、韓国と日本で中国
  • 神薬として中国人にあがめられる小林製薬の清肺湯
  • 緑に変色した飛び込み用プール(左)。水球用プール(右)もこの
  • 6日、韓国政府によるPM2.5対策が信用できないという指摘が相次
  • 世界のPM2.5大気汚染ワースト地域(出典:http://www.theguardia
  • 24日、深刻な大気汚染にたびたび見舞われる中国北京市で空気清浄
  • 14日、PM2.5に肥満促進効果があると米国・カナダの研究で判明し
  • 9日、遼寧省瀋陽市ではこのほど、PM2.5の値が一時、1立方メート
  • 8日、暖房用スチームの供給が始まった中国東北地方の遼寧省瀋陽
  • 1日、PM2.5による大気汚染が長期間続くと、人の脳が萎縮したり
  • 中国メディアの科技新報は3日、大気汚染物質のPM2.5につい

ランキング